幸せでも心配したい

義理の両親と私が運転手になり父の検診にいくことになりました。

不安と恐れで一杯の母。

いつも何事に対しても不安と恐れが溢れ出す。

これも私の鏡と思いながらも私はここまでじゃない!とどこか他人事に思っていたのです。

それが今回、封印が強すぎて気が付いていなかっただけだったと腑に落ちて行きました。

私の体の不調が色々でだしたことで不安と恐れによっても起こっていることに気が付いたからです。

(興味のある方は、検索してみてください。

身体の不調を入力してヒトマス開けてスピリチュアルと打ち込むと出てきます。

例えば、肩こり スピリチュアル こんな感じです。)

話を戻して

自分では自覚ないながらも、義理の両親の言葉を鏡として受け取ると確かになぁ~不安と恐れあるよねぇ~感じることが怖いし感じることで引き寄せてしまうことが怖いと思っている私に気づいていく。


昼食をご馳走になり、一息ついたころ父がトイレに…

母が突然「お父さん長くないかもしれない。」とぽつりと。

私びっくりして「どうしてですか?何かあったんですか?」

「最近なぁ、おおきにとかお父さん感謝の言葉をいいなる。」

思わず心配した私だったのに吹き出しそうになった。

母が辛抱強く父のペースに合わせた生活をずっと送っているんだから、やっと気づいてもらえたんじゃないですか?って何度か繰り返して伝えたけどまだ不安そう。

母も私もどれほど心配性なのだろう(笑)

当然いつかは人は死んでしまう、年齢的に考えてもないとは言えない。

死が終わりではないと信じていても死に対する不安や恐れが心に在ることを感じる。

お父さんがトイレから戻られてこの話は終わり

最後に二人に聞いてみた。

「幸せですか?」

今はしあわせだなぁ、なんにも言うことないわ。という二人の言葉を聞いてお店を出ました。

母の言葉に少しづつ、ポジティブな言葉が増えて嬉しいです。

それは、私の心の中の変化でもあるから。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2015-12-10 09:27 | Comments(0)