人との境界線

ハピネス心理学で人相学を学んでいます。

眉と目との間隔が長い人は人との距離が離れている方が楽。

眉と目との間隔が短い人は、人との距離が近いと安心感をえます。(ひとなつっこい人)


私は、離れている方。

人との距離が、離れているほうが楽なのです。

これは、好きな人とか嫌いな人関係なく、家族にもそう。


心理学を学びだして人との距離が近いと必要以上に緊張してしまう自分を発見しセッションを

して貰ったおかげで随分楽になったけど

それでも、席に着くとき等みんなと少し離れたところに座ろうとしている距離を保とうとしている。

こんな性格までが、顔に出ているなんて…。

どうやら私は、話をするときも眉を上げて話そうとしているらしい。

(人との境界線がひとそれぞれまちまちなのにもビックリ。)

私は、どんなに親しくなっても人より境界線が長いから他人行儀なんでしょうね。


自分にとっての当たり前が、他者にはそうじゃなく

他者にとっての当たり前が私にとっては当たり前じゃない。


分かっているつもりでいるけど、当たり前すぎて気付かないことも多い。

言葉にして、聴いて、あぁ~そうだったのかぁって気付くこともある。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2014-07-24 21:19 | Comments(1)

Commented by siawase0604 at 2014-07-25 21:18
コメントありがとうございます。

ずっと辛い思いをされて来られたんですね。
私のブログが少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

私の方こそ宜しくお願いします。

きょうこさんのコメントにアドレスが載っているので個人情報のこともあり削除させて頂くことをお許しください。

個人的なことお話ありましたら上のメールフォームからいつでもお尋ね下さいね。

きょうこさん自身を大切にお過ごしください(^0^)