自分観察日記

無意識の中で”申し訳ない”と感じながら生きている自分が居た。
こんな私が生きていることが申し訳ない。
こんな私が怒ること、悲しむこと、寂しがることなんて許されない。
邪魔にならないように目立たないようにいよう。
誰にも目を止められないように…目にとまったら存在に気が付かれたら嫌われてしまう。

言葉にすると上のような気持ちを心の中に漂わせながら生きていた。
ビクビクしながら生きていた。
こんな風に生きていることに気が付き出したのは、10年近く前の事だろか。
スピリチュアルや心理学や学校で聞いたこともない情報を知りだしてから”自分”という存在に目を向けだした。

それまでは自分のことをスルーし、周りの人の感情もスルーして生きて来た。
だから
相手のことを理解もしないし自分のことも理解してもらえない(全てをスルーしていた)
相手の事を分かろうともしないし、自分のことも分かろうとしない。
なのに、相手にも自分にも自分の思い込みを押し付けようとしていた。

それが、自分ってなんだろう?って思いだして
自分を観察するようになってくると周りの人の感情も受け取っていく。
スルーから観察へ。
観察から受け取りへ。
これまで家族があっても家があっても友だちがいても、自分の居場所が分からなかった。
今は、同じ世界で同じ家族、同じ家なのに、自分の居場所が見えて来た。

外側に目を向けて求め続けていたものが
自分の内側に目を向けて自分の存在を受け取っていくことで
”申し訳ない”自分から大切な私へ。


[PR]

# by siawase0604 | 2017-02-20 16:34 | Comments(3)

いいあんばい

相手に負担にならないように、手助けをする良い方法ってないかな?
そんなことを時々想う。

まずは、私自身が手助けをして貰った時に素直に喜ぼう♪
申し訳ないって態度よりありがとう♡嬉しいと素直に喜ぼう。
どうしても
人に迷惑をかけてはならないとか借りを作ると返さなければならないという思い込みに支配されて助けて貰っても、申し訳ないって思ってしまう私だったから。

この間
お隣さんの雪かきを息子に頼んだ。
暫くしてお礼にお隣さんが「気持ちだから」と卵を持って来られて
私は「そんなつもりじゃなかったのに…こちらこそ申し訳ない。」と答えていると「気持ちだから」とお互いに繰り返し
ふと
「そのお気持ち受け取ります。卵喜んで受け取ります。」に変換して言葉として返してみた。
すると、ふわぁっと空気感が変わって先ほどの繰り返しのやり取りが終わった。

私の目線なんだけど
お隣さんも私の言葉を受け取って喜んでくれているように感じた。
感覚なので上手く言えないけれど、お互いが喜びの世界に居た感じ。
手助けをした、手助けをされた関係を超えた何かを感じた。
申し訳ないという世界から嬉しいの世界に変わったのかな。
嬉しかったのは、私だけだったのだろうか。

お互いに貸し借りとかじゃなく、いいあんばいな関係が築けていけたら嬉しい。





[PR]

# by siawase0604 | 2017-02-17 18:19 | Comments(0)

不安という思い込みを手放した先にあるもの

友だちにNHKのハートネットTV次郎は”次郎という仕事”を勧められた。
障害者殺傷事件を受けての番組。
次郎さんは重度の知的障害者でIQ18の22才の青年。
言葉もままならないが、次郎さんの希望でひとりで買い物にでかけてる。
お母さんは迷惑かけるんじゃないか?不安や恐れがあったという。

次郎さんは歩きながら色んな人に声をかける。
返事を返してくれる人もいるしそうでない人もいる。
お店の人は、最初どう接してよいか戸惑ったという人も接してみてジェスチャーで分かり大丈夫になったんだとか…。

私の視点なんだけど

次郎さんは周りの大人の人をとても信頼していて怖さがない。
きっとお母さんや周りの人たちに愛されてその愛をしっかり受け止めて来たんだろうなぁってこと。
お母さんと次郎さんは同じ世界に生きている。
だけど
次郎さんは信頼できる世界の中で生きている。
お母さんは不安と恐れの中で生きている。
全く別世界だ。

お母さんは次郎さんを産んで育てていく中で次郎さんの世界に引き込まれていってる。
信頼の世界へ。

不安や恐れを手放して信頼できる世界へ導いてくれるひとつに次郎さんのような存在が欠かせないと思うのです。



[PR]

# by siawase0604 | 2017-02-03 22:49 | Comments(0)

優しさと忍耐強さ

優しいと人から見れば弱く映ることもある。
それぞれの立ち位置によって見え方が変わってくる。

おんな城主直虎を見ていて一方向だけから見ていると直虎の父は弱く頼りがない。
今回の直虎の父に優しさを感じる。
娘を支えてくれる鶴丸の父を殺すことが出来ない優しさ。
娘を想う優しさ。
人を押しのけたり殺したりすることが出来ない優しさ。

この優しさは、人から良く思われようとする取り繕いの優しさじゃないから、
忍耐強さも備わっている。
優しさと忍耐強さ両方がセット。

豪快に生きていても弱さをもっている。

誰が良くて誰が悪いとかじゃなく、その人の特性や能力を伸ばしていけるといいな。
そのために必要なことってなんだろう。

それぞれの特性や能力が大きく花開きますように…。

[PR]

# by siawase0604 | 2017-01-30 11:03 | Comments(0)

素直な想いを伝える勇気

心の中に確かにある愛情。

それを表現しなければ相手に伝わらないんだということを知らなかった。
分かるでしょ!って思っていた。
だって、自分の中では当たり前のことなんだから…。

表現しなければ伝わらないという当たり前のことを知らなかった。
自分の子どもなら分かってくれていると、どこか当たり前のように思っていた。
これって
私の母親もそう思っていたんだろうね。
母親からは何一つ伝わっていなかった。
”愛情を表現して伝えない”ということを代々伝えて来たのかもしれない。

大好きという表現を素直にしようと思っても
これまでしてこなかったから表現することに勇気がいる。
怒ったり不機嫌だ!って表現は得意なのに…(笑)

今も直接的にはなかなか勇気がいるのでメールの時に一言思いを伝えるようにしている。
嬉しい。
楽しい。
大好き。
大切。
etc…。

自分から表現していくことで親・妹・パートナー・子ども・友だち・大切な人との関係性が緩やかに動き出す。

[PR]

# by siawase0604 | 2017-01-26 08:45 | Comments(0)