私のいちぶぶん

ポジティブな言動でポジティブを引き寄せる、確かにそれはある。
ポジティブだけでいようとすると、心の中にネガティブが現れる。

私の場合
自然に生きているとネガティブ思考なのだ。
ネガティブな私を否定して生きていくことは、私を否定して生きていくこと。
やっと最近このことが心に落ちていく。
どこかで分かっていたけど、どうしても受け入れられていなかった。
このままじゃダメだ!って。
自然体でありのままの私を受け入れたいと思いながらネガティブな私を排除しようとしていた。

排除しようとしたり否定していると、排除されたり否定されたりするような出来事が起こる。

愚痴る
誰かをコントロールしようとする
怒りやイライラ
どうせ…という思い
失敗…などなど

この全てが私なのだ。

このネガティブがあるってことは、その逆も在る。
ネガティブが一杯あるってことはポジティブも一杯ある。
私が気が付いているかいないかだけ。
幸せを感じながらも腹の立つこともあるし心配なことも起きている。
それでいい。
これが私だから。
これは私の一部にすぎない。

[PR]

by siawase0604 | 2017-04-07 09:33 | Comments(0)

邪魔されてイラつくパターン

長女がお風呂やトイレに行きたいとき、主人と重なることが多い。
長女が先の時もあるし後の時もある。
どちらかが入っている時に、示し合わせたかのように重なる。
他の家族には、この現象は殆どない。

傍から見ていても不思議だった。

半年ぐらい前だっただろうか、娘がバイトして家に居る時間が減っているはずなのに、主人とお風呂やトイレの時間が益々重なった。
ブツブツ言っていただけだった娘が、もう嫌だ!我慢できない!なんでこんなにかさなるん?と私に怒り爆発。
私は「なんだろうねぇ?何をうけとればいいんだろうね。」
普段から娘は重ならないように細心の注意を払っていたらしい。
なのに、主人と重なるのは娘だけ。
娘は「バイトする前から、ずっと気を使って重ならんように細心の注意をはらってきた。こんなにかぶるなんて見張られてるとしか思えない。(主人も不思議だっただろうね。またかって)
バイトで疲れて帰ってきたら、またかさなる。」こんな内容の会話が続いた。

「そっか、バイトする前から頑張って気を配ってたんだ!ずっと頑張ってたんだ。」という私の言葉に「そうだよ。凄く気を使ってた。」
娘が娘自身のことを認められたように感じたこと、気持ちを吐き出せたことも感じ会話は終了。
これからの様子を見てみよう。

(半年後の現在)
それから1~2度重なったことはあったけど今は殆ど重ならない。

どんな些細なことでも大きな出来事でも邪魔されるように感じたり、同じパターンでイラついたりしたときは、自分から自分へのメッセージと視点を変えてみるのも面白いかもしれない。

[PR]

by siawase0604 | 2017-04-01 12:15 | Comments(0)