それは、平穏な世界

自分に寄り添い認めていく。

どんな自分の時にもそうありたいと思っています。

ご機嫌で順調な時にも、悲しくて辛いときにも、いつも寄り添っていたい。

みっともなくて恥ずかしい自分が現れた時、こんな自分は嫌だ、自分じゃない見たくないってスルーしていると現実世界でも周りの人からスルーされるという体験をしていきます。

みっともなくて恥ずかしいと思ったんだね。と寄り添ってみる。

自分を味方に付けたら最強です。

何があっても自分を見捨てない。

タイムラグはあるかもしれないけれど、
周りの人から寄り添って貰っていたことに気づくようになっている自分がいるのです。





[PR]

by siawase0604 | 2016-10-16 10:06 | Comments(0)

ありのままの自分って…

ありのままの自分でという私の定義を少し文章にしてみます。

ありのままって自分のわがままを押し通したり、好き勝手に感情を周りの人にぶつけるというのとは違います。

自分が今どう感じているのか?
何を思っているのか?
どんな思い込みで生きているのか
自分てどんな気質を持っているのかに気づいていく。

たとえば、怒りを感じていてもあらわにすることが出来なくて我慢しているとすれば
今、自分は腹が立っているんだなって心の中で認めていくこと。
すっごくすっごく腹が立っているんだってことに…。
心の中がかきむしられるくらいにとか
わめきたいほどにとか、出来るだけ自分に寄り添って
本当は、あぁ言いたかった、こう言いたかったと怒りがおちつくまで寄り添っていく。

そして落ち着いたら、そんなに激しい怒りを一人で抱え込んで大変だったね。
苦しかったね。
と、自分の存在を認めていく。

ひとりごとのように声に出せたら出した方がさらにいい。
話すは手放すだから…。

自分の思考に囚われず自分の存在そのものを肯定していく…。


[PR]

by siawase0604 | 2016-10-15 10:00 | Comments(0)

小さな幸せの積み重ねから…

宝くじが当たるとか気の合う仲間と海外旅行とか とっても幸せなことかもしれない。

その時は気分アゲアゲ!で最高!

暫くして落ち着くとその時が懐かしくなって

もっとアゲアゲで最高なことないかなぁって待ち望んでしまう。

そんな幸せもありだけど

今日もごはんがおいしく食べられること。

眠られること。

健康であること。

歩けること。

笑えること。

友だちとお茶できること。

子どもと出かけられること。

ケンカしても仲直りできること。

自然を見て美しいと思えること。

などなど

日常の小さな幸せを感じられるようになっていくと

その積み重ねで気が付けば大きな幸せ気分となっていく。

この小さな幸せの積み重ねには、もっともっとがないように感じる。

この小さな積み重ねは感謝へと変わっていく。

[PR]

by siawase0604 | 2016-10-09 11:00 | Comments(0)

美しい体験

辛い悲しい苦しい体験にありながら

いつかいい日の為により良く生きたいという姿は

なんて美しいのだろう。

どんなに苦しくても、最善の道を歩もうとする姿は

感動すらしてしまう。

あなたに心の平安が訪れますように…。





[PR]

by siawase0604 | 2016-10-08 08:25 | Comments(0)

大好きも大嫌いも感じられることがありがたい

今日できることも出来ないことも全てがありがたい。

出来ることは嬉しいし

出来ないことは、今は必要ないんだと素直に受け止められるようになっている。

全て、この私が体験したいストーリーを生きている。

悲しみも辛さも痛さも喜びも幸せも感謝も感じることが出来るのはこの肉体があるおかげ。

大好きも大嫌いも感じられることが幸せ。

予定通りの私を生きている。



[PR]

by siawase0604 | 2016-10-07 07:53 | Comments(0)