優しい世界へ

優しくしてほしいって思ったら

自分からまずは、優しい言動をしてみるといいよ。

やり始めは、違和感があったり相手にスルーされたりすることもあるけどやり続けてみる。

そのうち、優しい言葉をかけられたり行動をとってもらったり嬉しい出来事がやってくる。

それはAさんにしたからAさんから還ってくるってものではなくて、

忘れた頃にEさんから優しくされる。

だからAさんに優しくしたからAさんに期待しないようにね。

秘訣は、やりすぎない程度にやり続ける。






-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-04-27 13:42 | Comments(0)

やっぱり…

やっぱりね…の後に続く言葉って何が浮かぶでしょう?

ネガティブな言葉や感情でしょうか、ポジティブな言葉や感情でしょうか?

この言葉で無意識に人生の選択をしているとしたら…。

言葉を発するときに、心の中はどんな状態なのか。

「やっぱり無理と思った」と呟いているとしたら

「やっぱり大丈夫」

「やっぱり頑張り屋さんねぇ~」

「やっぱり諦めないと出来るねぇ~」とか

自分の言いやすいちょっぴりポジティブな言葉を意識してみるってどうでしょう。

続けていくことで、ラッキーな出会いや出来事が増えていきだす体験をしています。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-04-25 12:36 | Comments(0)

自分に寄り添うと言うこと

悲しいとき苦しいとき聞いてくれる友だちや家族がいたり、セラピストさんがいる人はいいけど

誰もいなくて、ひとりで耐え忍ばないといけないとき

自分の頭をなでなでしてみて…。

「よく頑張ってるね。」ってなでなで、腕も胸もゆっくりなでてみてね。

「つらかったね。悲しいね。」って。

自分に寄り添ってゆっくり過ごしてみる時間をもてるといいね。




-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-04-24 20:49 | Comments(0)

誰もが元々持っているもの

赤ちゃんや幼児は、言葉も分かっていると聞くけど、私も本当にそうだなぁと思うのです。

生まれて数か月しかたっていなくても、話しかけるとタイミングよく頷いたり

「うん」って言ったり。

ただの偶然とは思えないのです。

ママが落ち込むと寄り添う。

やきもちもあって、既にキャラが存在する。

外に出ようと指さすのは、「一緒に楽しもう!」って言ってるのかも。

大人になって鎧を沢山まとって忘れてしまっていることを

私は、今思い出そうといろんなところに出かけているのかもしれません。

自分や誰かに寄り添って共感する。

共に楽しみ喜びを分かち合う。

そんな人生を望んでいるけれど、

みんなが元々持っていたことに気づいていくだけの旅路なのかもしれない。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-04-24 08:32 | Comments(0)

私にとって大切な物のひとつ

ここ1~2年で気が付いたことがある。

ハッちゃけたり、馬鹿笑いしたりする時間が私にとってとっても大切な時間だ!ってこと。

これがないとエネルギーが低下してしまう。

人から見ればあってもなくてもどちらでもいいこと。

それが私にとって大切だってことに気が付いた。

気が付いていくとそんな状況に出会えるようになる。

ハッちゃけることを許してくれる人や場所に出会えるようになる。

すると心が軽くなっていくんだよね~。

ありのままの私を知ることが出来て魂が喜んでくれてるのかなぁ♡





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-04-23 20:38 | Comments(0)

小さな喜びが大きな恵みへ

色々な思い込みを抱えながら、それを境遇や才能がないからとか親のせいとか色々理由があるけれど

環境が違っても同じように自分には価値がないと思っている人に出会っていくと

私はこのキャラでどこまで自分に立ち返れることができるか?って

ゲームをしているような気になる。

もっと頭が良ければ

何か一つでも才能があれば

容姿端麗であったなら

親がもっと立派であったなら

理由はいくらでも後付できる、何かのせいにしている方が楽な時もある。

色んな所に行って

頭脳優秀だったり

才能豊かだったり

容姿端麗だったりしたとしても

根底に同じように自分には価値がないって感じながら生きている人に出会うと

私のこのキャラでどこまで私らしく幸せに暮らせるかっていうことを楽しんでいくってことがテーマに思えてくる。

生きていれば不安も沸く。

不安が駄目じゃなくて不安と寄り添いながら

小さな楽しみを見つける。

小さな楽しみって1円貯金のように最初は分かりにくいけどつもりつもると馬鹿にできない。

小さな楽しみや喜びが積もり積もって自分が恵まれていることに気づく。

すっごく不安がありながら恵まれていることを感じている…不思議な感覚で生きてます。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-04-23 16:11 | Comments(0)

自分は必要ない存在

3人でいると2人が盛り上がって1人が聞き役という立場になることがある。

私も学生の頃、そんな場面によく遭遇した。

盛り上がっている2人の話を聞きながら、どこか場違いでここにいていいのかなって

ここに自分の必要性を感じずにいることがあった。

最近、その2人のうちの1人と話していて、私と同じことを感じていたって聞いて驚いた。

その友達が言うには、私ともう一人の友だちと話しが盛り上がっているのを聞きながら

なんだか自分って浮いてるなって思ったらしい。

私「そのときって、自分が必要ない存在に感じた?」って思わず尋ねていた。

え~、マジで!

友だちも私も同じ思い込みを持っていたのだ。

大人になって心のことやスピリチュアルなことをいつの間にか話すようになっていたからこそ

心の奥底にあるものをお互いに話すことが出来た。

色んな気づきと共に二人の世界もゆっくりと変わっていく。

穏やかな安心の世界へと…。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-04-22 21:38 | Comments(0)

心配するために生きているんじゃない

区の隣保長さんが、総会の委任状を集めにこられた。

随分体調が悪そうで、委任状集めるだけなら私がかわりますよと声をかけた。

「大丈夫。」って言われながらも立っているのがやっとという感じ。

見送りながらついついその後を心配してしまう。

途中でしんどくなってないかな?って。

私は、誰かの人生にこんな風にいつも立ち入りすぎてしまう。

一見いい人ぽいけど…その先を無意識に心配するのが私の癖だったことに気づいた。

見送った後、何もできないのであれば、それ以上その人の人生に立ち入らないこと、心配しない。


この癖は、子どもにもつい出てしまう。

こどもであるけど、成人したんだから必要以上に立ち入らない、心配しない。

助けをもとめられたそのときに考える。

心配し過ぎると心配が目の前に次々やって来る。

必要以上に現れてもっと心配することに…。

「やっぱりね~」とか「どうしてそんなことに…。」ってことが。


起きることは起きるんだから心配しなくていい。

起きなくていいことまで引き寄せることはない!

自分の人生を信頼して生きていけば大丈夫!


幸せになるためにいきていることを忘れずに…。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-04-15 12:00 | Comments(0)