自分を責める癖を手放す

新幹線が北海道にも開通するというニュースの中で

寒さの中、駅で数日泊まりこみチケットを手にしている男の人がいました。

涙ながらに「嬉しいです」とインタビューに答えている様子を見て

よっぽど嬉しいんだなぁ~私にはその気持ちが分からないけど…なんて思っていたら

主人が「嬉しいくらいで泣くことないから、よっぽど辛かったんだろうなぁ(チケットを買うまで)」

えぇ~!そうなん!?私はうれし泣きだと思って観ていました。

同じ映像を観ているのに感じていることは違う。

なんでもない出来事でもこれだけ価値観が違うことに改めて驚き、目から鱗状態。

以前の私なら、男の人は嬉しいって言ってるんだから嬉しいに決まってると主人の感想を受け付けていずにひとり心の中でプンプンしていたと思うのです。

無意識にどちらかが正しくてどちらかが間違っている。

その答えはひとつであると思い込んで

いつも私が正しいにいたいから、ひとりで怒ったり悶々としたり…。

どちらでもいいことに執着して…苦しんで…。

私は不幸な人生と思って過ごしていた。

答えなんて一つじゃないし、二人とも正解かもしれないし正解じゃないかもしれないし。

こんな当たり前のことさえ受け付けていない自分だったことに気が付いています。

おバカだな私って…まるで幼い子どものよう。

これまで私が不幸なのは、主人のせいと日常でも心のどこかで責め続けていたのかもしれません。

それは自分を責め続けて生きて来たのと同じ。

誰かから責められることも自分が自分を責め続けているということ。

”自分を責めていますよ”というメッセージ。

頭で理解してもなかなか感覚として心に降りてこなかった。

だって、相手が悪いんだもん!

やっとそれが感覚として受け止めて来れるようになって、気が付けば

主人の言葉も素直に「そうなんだぁ。」で終わる。

怒りの感情がない。

自分を責めなくなると周りからも責められなくなってきます。

時には、責められることがあっても「まだ、あったのね。」と受け止めて

そうしながら優しい世界が穏やかに広がっています。






-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-28 16:23 | Comments(0)

気づきが潜在意識まで染みると現実が動き出す

思っていた以上にゲシュタルトセラピーの気づきを受け取っているようで

頭の中がぼんやりと目のあたりが重いような感じでいつも以上に眠くひたすら爆睡状態。

家族から見れば、いつものように見えるのか?いつもより眠そうに見えるのか?分かりませんが

犬の散歩に行ってくれたり夕食の手伝いや食器を洗ってくれたり

その頻度が高いように感じています。

気づきが起きると、心の中の意識も変わっていきますが

目の前に起きる出来事も変わっていきます。


以前の私のままならこんなに手伝って貰うことはなかったのです。

しんどくても自分の好きなことの為に出かけるんだからと、家族にもしんどいと言えなかった。

しんどいと言って「じゃあ、もう行かなくていいだろ。」と言われることが怖かったから。

今は、何も言っていないのに手伝って貰えるのです。

ありがたいわ~。

助かるわ~。

素直に「ありがとう」と言って終わり。

家族のエネルギーが変わりだしているのかな…そんな風に思っています。







-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-26 20:31 | Comments(0)

気づきを繰り返すだけで意識が変わる

ゲシュタルトセラピーオープン・ワークショップに参加してきました。

大切な友だちが主催されることもあってどうしても参加したかったワークショップ。

自分が問題だと思っていること、頭の中でグルグルしていて迷路にはまり込んでしまうときに私はセッションを受けています。

セッション希望が多いとジャンケンやくじで選ばれるこの瞬間、ちょっと子ども時分の気持ちに戻ります。

今回は、ジャンケンに負けてしまって、セッションを受けることは出来なかったけれど

セッションを受けている人が私そのもの。

あの人もこの人も次にセッションを受ける人も私と同じように生きてきている。

私と同じように悩み立ち止まり最善の道を探そうと

ファシリティテーターの百武さんと共に目の前にいる。

私自身の人生の一部を色んな角度から俯瞰できたようで多くの気づきがありました。

セッションを受けることは出来なかったけれど、問題だと思っていたはずのことは消えてしまい

普段通りの生活に戻っています。

私の過去をタイムスリップして来たような不思議な感覚だけが残っています。






-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-25 10:27 | Comments(0)

理想という着ぐるみを脱いでみた

子どもを守るために強くならなければいけないという思い込みを無意識に築いていました。

母は、私から見たら強い人で弱みを見せない。

そんな風に私もならなければと思ったんだと今から思えばですが。

それは、私ではない母の真似にすぎません。

私でない誰かになろうとすると、どこかにひずみが出てきます。

そのことに気が付かないままでいると、ひずみは大きくなる一方。

その道を辿ってきた人生です。

子どもが思うように行動してくれない。

思うように育たないとみていた世界は、私自身が強い母になろうとして、なり切れず思うような母の姿になれなかった葛藤が現れていたに過ぎないことに気づきました。

思うようにいかなかったのは、自分自身だったのです。

良妻賢母。

強い母。

子どもを守る母。

自分とかけ離れた理想を追い求めて…。

やっと、そんな着ぐるみから抜け出すことが出来てきました。

私が私らしく生きている方が人生が上手くいくのです。

家族とも上手くいく。

イライラすることもほとんどなく、現状は変わらずとも幸せでいられる。

腹の立つことも時にはあるけれど、随分と早く回復するようになりました。

イライラしても腹が立っても幸せに変わりはないのです。

人間だものいろいろあります。

今は、家族に守られて生きている。

自由に生きている。

応援してくれる存在にも気づき始めています。

もっと楽しんで自由に生きていいということに許可が出せています。


私の素直さをもっと表現していこう。




-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-23 13:39 | Comments(0)

不自由な世界が憧れの的だった

新聞の下段に週刊誌や本の広告欄があります。

その本の広告欄に

日本は、言うなれば手の届かない憧れの的”深窓の令嬢”とありました。

深窓の令嬢の意味もよくわからずに

手の届かない憧れの的に目が引き寄せられて「そうかもしれないなぁ」と思ったのです。

悲しく残酷なニュースが増えたとはいえ、世界から見たらまだまだ平和です。

食べ物も溢れ、水も豊かです。

停電なんて殆ど知らず、家電も充実しています。

貧しい世界や内戦の絶えない世界からみれば、まるで夢のような国。

それなのに、これほどの心の不自由さってなんだろう。

日本にせっかく生まれて来たのなら、思いっきりenjoyして感謝して自由に生きてみたい。

深窓の令嬢を調べてみたら、身分の高い家に生まれ大切に育てられた女子だそうです。

家の奥で大切に育てられた分メンタルも繊細なのかな、外の世界がどれほど広いかも知らずに。

どれほど恵まれているかなんて気が付いていない。

だって全て当たり前のことばかりだから…。

夢にも羨ましがられている人生だなんて思っていないのです。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-20 10:30 | Comments(0)

至福の笑顔

娘が里帰りした時の話。

大人ばかりで暮らしていると、全員が笑顔で笑い合うなんてことは皆無に等しい。

それが、1歳の可愛い女の子が登場するとみんなが笑顔になる。

笑顔で挨拶。

何度も何度も笑いかけてくる。

そのたびに笑い返す。

満面の笑顔してくるので満面の笑顔で返す。

何度も何度も。

息子は、そんな笑顔に「ずるいわ~。」と笑い返している。

笑顔を返さず真顔でいようとしていたが、笑ってしまう…そんな感じ。

家族みんなが笑顔。

家族みんな大人だけど心から家族全員を笑顔にする力を持ち合わせていない。

面白いことをするわけでもなんでもない。

ただ笑顔を向けるだけ。

私もこんな風に心から笑顔で挨拶できてるかな。

人を癒すために色んな技があるけれど

笑顔なら、いつでもどこでも誰でも出来る。

みんなが持ち合わせた能力。

出し惜しみせず、この能力使いきりたいな。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-19 09:28 | Comments(0)

罪悪感を体験して手放してみると…

家族で話している時に以前飼っていた愛犬ゆうの話になりました。

玄関先で飼っていて何回か逃げ出して、

そのたびに家族で探し回り、無事に帰ってくるのを待ち続けていたのです。

お腹を一杯にして、くさい臭いを身にまとい申し訳なさそうに帰って来たゆう。

どこかで迷惑をかけていなかったか?という心配もありながらいつも戻って来てくれて嬉しかった。

そんな話をしていて

「いつも家に帰って来たってことは家族のこと好きだったんじゃない?」この言葉を聞いて

私もそうかも!と腑に落ちました。

お父さんの躾が厳しくて、玄関先に短い鎖で繋がれて餌も残飯。

保健所に連れて行かれそうになっている所を私が飼いますって言ったもののゆうは本当にこれで良かったのか?そんな風に思って飼い続けていたのです。

守ってやれなかったこと、大切に飼うことができなったこと沢山の罪悪感がありました。

これは、私の子どもたちにも同じこと。

私は厳しく、大切に育てられなかったと思って罪悪感も一杯あるけれど

子ども達は、私のことを大好きで大切にしてくれている。

ゆうを通して、罪悪感から解放される体験をしています。

ゆうは、不思議な犬で死んでしまっても家族の中に強く生きています。

多分家族みんなも今もゆうが見守っていてくれることを信じているんじゃないかな。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-18 10:00 | Comments(0)

何気ない日常が幸せ♪

娘が子どもを連れて里帰り。

早いもので1歳になりました。

怒ったり泣いたりすねたり笑ったり…我慢もできる。

生まれた時から、

必要なものは全て持って生まれて来ているって本当だなぁと感じる出来事が何度もありました。

私の子育ての体験の中でなかったことをまた新たに体験させて貰っている。

自分の子育て中は、自分も無我夢中で気づけなかったことも沢山。

ママがお風呂に入ったり、そばを離れるときは

泣かないように周りの大人が必死で喜びそうなことに目を向けて全力投球!

最初は珍しくて笑っていてもきょろきょろしだしたり、あっちと指さして私に示してくるのです。

自分の最大限の知恵を絞ってママ探し。

そんなとき、泣かずに真顔で不安がっているのがよく分かります。

ママの顔が見えた時には、思いっきり泣き出したり、拗ねてプイッと横向いたりその時その時で様々ですが、私には見せない甘えぷり。

ママに対する態度もひとつじゃなく表現の仕方を一杯持ってる。

ママにとっては、グズルってことは大変なことだけど素直な感情表現が出来る存在でもあるんだね。

素直に感情表現が出来る幼い頃に一杯表現できるって幸せなことだなぁと思うのです。

ママの腕に抱かれながら

「ごめん、ごめん。許して、大好きだよ。」そう言って抱きしめる親子の光景を見れる私って幸せだなぁって思うのです。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-17 11:40 | Comments(0)

私は正しい!を追い求めていた

幸せを感じたり感謝が溢れてくるようになったけれど

同じように、愚痴や不満が我慢できなくなって口から言葉として出てくるようになった。

そんな自分に寄り添いながら、

100%自分原因説が本棚にあったなぁと読み直していました。

自分ひとりでは、迷路の中にはまり込んでしまう私。

ネガティブな感情の奥に隠れた愛を感じる為に少しづつ動き出しています。


この間、息子に1冊の本を勧められたのだけど、難しすぎる!と拒否していた。

”哲学的な何か、あと科学とか”←こんな題名で…見ただけ、聞いただけで拒否したくなる。

著者紹介が少し面白かったので分からないながらも読んでます。

数学って不変なものと信じていたけれどそうでもないらしい。

どうあがいても、証明のしようがないとか。

学者が「正しい!」といえばそうなるような感じと私は解釈。

私は、見えない世界も科学で証明され始めて嬉しいと思っていた。

そこに執着するのは、もうやめよう

完璧な答えを追及し探求している私に気がついて…。

完璧な答えを導きだせたら

自分の正しさが立証でき自信へと繋がっていく気がしてたことに気が付いた。


正しさをまだ追及して

善悪で判断している世界から抜け出せずにズブズブ溺れそうになっている私を発見。

溺死寸前。

証明出来ても出来なくても私の世界を私の望むように創造していけばそれでよいのだ!

生きていて良かった…今はそんな気分♪




-------------------------------------



人気ブログランキングへ
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-15 14:25 | Comments(0)

自分の存在そのものを受け取れたら全部繋がっているが解るかな

何度も自分自身を受け取り、私の存在価値を認めて来たつもりでいる。

それでも

目の前に現れる人が、まだ私自身が受け取れていないテーマを持ってやってくる。

友だちが

なんにも頑張ってないし…

なんにもしてないし…と

末娘も

なんにもやってないし…と。

目の前に現れる人も場面も違うけど

聞こえる言葉が同じで私の心がヒットする言葉が同じ。

それは、私が隠している心の声だ。

自分が頑張っていることを気づけずにいる。

生きているだけで丸儲け!ってさんまさんも言ってるけど、

私は私を認めきれていないんだね。

私の存在そのものを丸ごと受け止めていこう。

まだ受け止めてなかったのかぁと責める気持ちがどこかに浮かぶ。

ゆっくり心の中を観察すると、以前より深く穏やかな気がする。

言葉で全てを表現するのは、難しいけど。

以前とは、何かが違う。

私の存在そのものに寄り添っていきたい。

諦めず自分と向き合う。

宇宙の法則をもっと深く感じる為に…。

その先に全ての人が思い合って分かち合っていく世界が広がっているような気がしています。

まだ、気だけですが…そこには、自分も大好き・みんなも大好きな世界、そんな風に感じてます。






-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2016-02-01 10:15 | Comments(0)