やっと気が付いた恵まれている人生

赤ちゃんが成長していくことって嬉しいことだけって思ってました。

おっぱい離れてヤレヤレ。

ハイハイから歩くようになって嬉しい気持ちと益々目が離せなくなる大変さもありながら。

娘を見ていて、ポジティブもネガティブも両方あることを感じています。

成長していく寂しさ…号泣しているようです。

嬉しさ(ポジティブ)と寂しさ(ネガティブ)の混在。


息子と会話していて、私の子にしたら痛みに強いねって聞いたら

「意識がある間中アトピー(ネガティブ)の強烈な痛みに耐えてきた時期があったから。」って

だから痛みに強くなったんだね(ポジティブ)…やっぱり両方存在する。

でも母目線に戻ると、

そんなことなにひとつ知らずに生きて悲しみが一杯になる。

痛みに耐えて生きていてくれてありがとう!

小さな息子に守られて支えられて生きてきたのは、私だった。


その頃は、辛く苦しいだけの思いしか(ネガティブ)なかったけど、

知らず知らずに守られていた(ポジティブ)。

よくよく考えてみれば、子ども達がいるから私の存在を認めて生きていた。

ネガティブにしか目が行かず悲劇のヒロインとして生きて来たけど

実は、守られて支えられて世間知らずなだけ(笑)だった。


出来事にポジティブ・ネガティブ両方ある。

もうそろそろポジティブ・ネガティブという区別する必要なんてなくって

ただ体験がそこに存在することに感謝して生きていこう。

体験が愛おしい…そんな今日この頃です。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2015-12-23 11:13 | Comments(0)

勘違いしていた因果応報

因果応報と聞くとなぜだか怖い感じがします。

悪いことをすると罰を与えられるそんな意味にはき違えてとっていたからかも。

今私のとらえ方は、いいことも悪いこともしたことはかえってくる。

「したこと」というのは、行動というより相手に与えた感情と私は勝手に思ってます。

感謝が湧き出てその想いを素直に伝えると、相手も喜んでくれる。

相手が喜んでくれた気持ちを追体験するかのように

私自身が他の誰かからの言動で同じように喜びを体験する。

ネガティブなことも同じ、

「悲しい思いをさせられた」と感じたら
私も誰かに同じような思いをさせてしまっていたのねって思っています。

相手だけにとった言動がかえってくると思っていたのですが、相手と共に自分に対しての言動も含まれると気が付いてからは、他者も自分も同じように大切に扱うように心がけてます。

結果が私の元に届く。

感謝。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2015-12-14 09:15 | Comments(0)

幸せでも心配したい

義理の両親と私が運転手になり父の検診にいくことになりました。

不安と恐れで一杯の母。

いつも何事に対しても不安と恐れが溢れ出す。

これも私の鏡と思いながらも私はここまでじゃない!とどこか他人事に思っていたのです。

それが今回、封印が強すぎて気が付いていなかっただけだったと腑に落ちて行きました。

私の体の不調が色々でだしたことで不安と恐れによっても起こっていることに気が付いたからです。

(興味のある方は、検索してみてください。

身体の不調を入力してヒトマス開けてスピリチュアルと打ち込むと出てきます。

例えば、肩こり スピリチュアル こんな感じです。)

話を戻して

自分では自覚ないながらも、義理の両親の言葉を鏡として受け取ると確かになぁ~不安と恐れあるよねぇ~感じることが怖いし感じることで引き寄せてしまうことが怖いと思っている私に気づいていく。


昼食をご馳走になり、一息ついたころ父がトイレに…

母が突然「お父さん長くないかもしれない。」とぽつりと。

私びっくりして「どうしてですか?何かあったんですか?」

「最近なぁ、おおきにとかお父さん感謝の言葉をいいなる。」

思わず心配した私だったのに吹き出しそうになった。

母が辛抱強く父のペースに合わせた生活をずっと送っているんだから、やっと気づいてもらえたんじゃないですか?って何度か繰り返して伝えたけどまだ不安そう。

母も私もどれほど心配性なのだろう(笑)

当然いつかは人は死んでしまう、年齢的に考えてもないとは言えない。

死が終わりではないと信じていても死に対する不安や恐れが心に在ることを感じる。

お父さんがトイレから戻られてこの話は終わり

最後に二人に聞いてみた。

「幸せですか?」

今はしあわせだなぁ、なんにも言うことないわ。という二人の言葉を聞いてお店を出ました。

母の言葉に少しづつ、ポジティブな言葉が増えて嬉しいです。

それは、私の心の中の変化でもあるから。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2015-12-10 09:27 | Comments(0)

封印しているときには、在り得ない世界だった

過去の嫌な思い出や傷ついてきたことを手放したいと思うと

傷ついた心を封印した人が現れ

「もう、封印を解いて、手放していったらいいよ。」と相手にメッセージしている私がいる。

それは、目の前の相手にと同時に私自身のメッセージ。

私の心の中が外側に現れる。

罪悪感、恐れ、不安

感じていないつもりでもそれらは在る。

もし、いまその感情をかんじているならチャンス。

封印を解いてこの感情に寄り添っていく。

寄り添っていくことでその裏側に隠れている

愛、癒し、慈愛が表に現れる。

周りの人から優しくされたり、認められたり、会いたいって言われたり大好きって言われだす。

封印を解き、感情に寄り添う勇気。

一歩踏み出す勇気。

勇気の恩恵を受けて

そこから新しい創造世界が始まりだす。




-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2015-12-08 07:30 | Comments(0)

自分の内側を見ていくだけでいい

優しくあろう、いい人でいようと力が入ると

傲慢さや自己満足の世界に入っていく。

自分を変えていこうと理想を求めると、無意識に相手に対しても期待を求めてしまう。

本当の愛や優しさは、自分にも相手にも何も求めない。

自分を信頼し認めだしていくと、その分は自然と周りから信頼され認めだしていく。




-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2015-12-06 10:40 | Comments(0)

優しさは、受け取り手の思い

義理の両親とお寺まいりに行こうと思ったのです。

義父の運転が心配という家族の話から

そうだ!私が運転手となり、一緒に行こうと思い立ったのです。

「私もお参り行きたいのでご一緒させてもらえませんか?」って優しくお願いしたのです。

いつ行くのかその日も決めて(よし!頑張るぞ!)的な気持ちでいたんですが、

数日後、義母から電話があり「ついでがあったからお参り行ってきたわ。」

私、心の中で一瞬「えっ!」って…。

どういうこと?私と行きたくなかったのかぁ~って思いつつ
「分かりました。次回は初もうでだし、みんなと一緒に行けますね。」って話して電話を切った後

自分の行動や思いを色々考えてみた。


両親は、人に頼ることが苦手な人。

それを私が優しさの押し売りをしたんじゃないかな?
優しさは受け取り手が感じることで、する側が優しさを強要するものではないということ。
頑張るぞ!って力入れ過ぎ(笑)
相手の自尊心を大切に考えていなかったな、自分の想いだけで動いて満足してた。

両親の人柄を考えたら頼られたときで良かったのです。

分かっていても、やってしまう!

また、ニュートラルな感覚を取り戻して私らしく生きていこう。




-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2015-12-04 21:21 | Comments(0)