人体実験

幸せになりたいって言いながら願いが叶わない。

「幸せになりたい。」という状態を創り出し、願いは叶っているっていいます。

「幸せです」と宣言することで次第に幸せな状態になっていきます。


この話を聞いたとき半信半疑でした。

なるほどって気持ちと

まさかそんなことぐらいで…って言う気持ち。

とりあえず「幸せです!」と勇気を振り絞って宣言
(今の状態で幸せなんて思えないのに何で宣言しなきゃいけないのと言う気持ちとの葛藤)

幸せになりたいと願い続けてきた年月があまりにも長すぎたせいか

気がつけば「幸せになりたい」という思考が私の心に舞い戻ってきていて、そのたびに「幸せです」と宣言。

そして葛藤…その繰り返し。

いつの頃からか、「これが幸せなんだぁ~」って感覚を少しずつ感じ始めていきます。


口癖、思い癖も幸せを感じることにブレーキをかけているようです。

知らず知らずに使っている言葉。

繰り返し使っていることば、

「さっきもその言葉いってたよ。」「また使ってる。」って思わず言ってしまうことがあるんですが

本人は無意識。

「どうせ…」

「私なんて…」

「こんな私が…」など。

使うことが悪いのではなくて、口癖思い癖の世界を創り出していることを知ればいいだけのことなんです。

「どうせ…」って言っていれば「どうせ…」の状態が創造されていき、

やっぱり私の思った通りだと「どうせ…」の状態を強化していく。

「なるほど、そういうことだったのかぁ。」って気がつくことで

心の中に思いが浸透していくと世界が変わっていく。

口癖思い癖も変わっていきます。


そんなことを自分の身体と心を通して実験中の日々です♪





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2014-10-29 10:28 | Comments(0)

ありえない感覚

「そんなことしたら、あかんやろ!」

「何回いったら分るん?」

「もう、知らん!」

子育ての頃、よく使っていた言葉。

今は、言葉をかくだけで悲しくなる。

こんな言葉だらけの世界で子ども達がのびのび育つわけないよね。

何かしようとすると否定され拒絶される。

親から見れば、心配だったり、人に迷惑かけるから…っていう理由があったりする。

それでも頭ごなしに言う必要はなかった。

まず「どうして、そうしたの?」「なぜ、こんな事になってしまったの?」と確かめる位の余裕が欲しかった。


自分を信じていないってことは、自分の人生も子どもの人生も信じていない。

だから、心配と不安で頭の中がいっぱいになっていく。

そうすると、

目の前の出来事も実際に不安と心配なことばかり起こってほらね!ってますます不安現実を強化していた。


自分を知っていく、受け取っていくことで

それほどこの世の中心配することも不安がることもない。

ビクビクして生きていくことなんてな~んにもなかった。


あれは何だったのか?

子ども達には、私の不安と心配の幻想世界に付き合わせてしまった。

ごめんね。

そして、ありがとう♪

不安と心配の幻想世界の中で子ども達を守るのは、私しかいないって勝手に考えて頑張っていた。

まるで重い鎧を何枚も着て立ちはだかっていた。

誰も戦いなんて挑んでこないのに…ばかな独り相撲(笑


自分を知っていくと自然と一枚一枚鎧を脱ぎ捨てていたようでいつのまにか心が軽くなった。

自分の人生を楽しんでいる。

子どもの人生も温かく見守れる私がそこにいた。

もう不必要に心配も不安もしなくていいから、ぶつかることも怒ることも押しつけもなくなった。


鎧を脱いでいくことって恥ずかしいことのように思っていたのか必死で抵抗していたけど

鎧を脱ぐことって、身体も軽くなって時々スキップしたくなるような気分♪

あとは、穏やかな退屈な日々(笑



-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2014-10-28 19:26 | Comments(0)

愛と憎しみ

自分のことを嫌っていた。

それも強烈に…。

自分のことを罵って罵倒して生きていた。

無意識にしていることなので、日々そんなことをしながら暮らしているなんて考えもしなかったけど…。


こんなに嫌っている自分なのに

人から嫌な事いわれたり、嫌な出来事があると辛くて悲しくて…苦しんでいた。

嫌いなはずなら、どんな嫌なことが起ころうと苦しむ必要なんてないのにね。

私の根底に私を嫌いきれない何かがあることを知った。


それは、

自分をとても大切に思っていること。

とても愛していること。

そのことに気がついた。

愛していることに気がつきだしたころから、少しずつ周りから優しくされる。

気がつきだしたころから、それほど嫌な事がなくなっていった。

それでも

悲しいこと、寂しいこと、辛いことはあるんだけど受けとめ方が変わったというのが正解に近いのかも。


ネガティブとポジティブは両方ある。

何かを頑張れば、どちらかが消えるってわけじゃなくて、両方存在していることを知っていれば

楽になっていく。


強烈に嫌っているなら、強烈に愛するってことも持っている。

愛が深いと憎しみも深い。

全てを持っているのが人間なのかも…ね。




-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2014-10-26 09:14 | Comments(0)

違う意見を言われたくない

会話していて、違う意見を言われると落ち込む、凹む。

頭が真っ白になって何も言えなくなってしまう。

(嫌われてしまった。)って思っている。

こんな思いもただの思い癖です。


あなたのことを大切に思っている

けど、違う考えの時もある。

相手は、違う考えを言ったくらいで

あなたが嫌われてしまったと傷ついているとは夢にも思っていない。

だって、大好きな思いが大前提で当たり前に思っていて、考えは同じ時も違うときもある。

ただ、この考えに対しては違う考えなんだね、って言いたいだけ。

違う考えを言っても大切に思っていることに変わりはない。


違う考えを言われたら、嫌われているという思い込みを持っていた…と気付けば終わり。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2014-10-05 10:30 | Comments(0)

私のテーマ 自分を愛すること

愛すること愛されることにOK!を出す。

応援されていること。

見守って貰っていること。

大好きでいてくれる相手があること。

全てにOK!を出す。


未熟で幼いままの私…愛されることを受け取る。




-------------------------------------



人気ブログランキングへ 
[PR]

by siawase0604 | 2014-10-01 19:19 | Comments(0)