あたりまえ、あたりまえ、あたりまえ…なこと

悲しくて辛い人生をこれまで選択し生きてきたことに改めて気づいています。

今も続いている部分に気がついています。

幸せになろうと今度こそと思い選んだ道がまた悲しくて辛い人生。

悲しくて辛い人生を選んでしまう色眼鏡をかけたままだとまた同じ道を選んでしまう。

それが、別の選択肢があるということを心で受けとめだした。


別の選択肢があると言う当たり前のことに気づかなかった。

「そんなことは私には無理、ありえない」と思い込んでいたのです。

端からみれば「なんだそれ?」って感じ程度のことを生き死に関することのように思い込んでいたのです。

ただ、色眼鏡を外すだけのこと、これが出来ていなかった。

外したと思っても、またかけ直してみたり…。

元の自分で居る方が安心なのかも。

色眼鏡をかけていることに気づけばまた外せばいいだけ。


そんな繰り返しですが、少しずつ色眼鏡をかけていない私に慣れだしたようです。


2014年がとても楽しみです。

今度は、何を引き寄せるのか?どんな人生を描いていくのか?

いつも応援してくださっている皆様ありがとうございます。


地球上の全ての人々が、愛と癒やしのエネルギーに包まれますように…♪






-------------------------------------



人気ブログランキングへ ←良いお年を…その前にクリックお願いします。今年最後のお願いとなりました(笑)感謝!
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-31 10:10 | Comments(0)

生きづらさからの脱出

ホリエモンの本を読んでいます。

ゼロってタイトルだったと思います。

私は彼が嫌いだった。

若い頃の印象がどうもよくない。

傲慢に感じたし、人のことを人とも思っていないような印象だったから。

それが

テレビ番組ナイナイアンサーで印象が変わった。

コミュニケーションの取り方がまずかっただけのことだって思ったとき親近感を覚えたのかも。

どんなに頭がよくても生き方が不器用だと生きていくことが大変になる。

私は、頭も良くない上に生き方も不器用だった。

だからなおさら生きづらかったように感じている。

生き方が不器用だと必要以上に相手を傷つけたり、自分も傷ついたりしてしまう。

なぜこうなってしまうのか?と思いながら諦めと繰り返しの人生。

それでも、お金を必要以上に稼ぐことができなかったからこそ、叩かれずにすんだんだね。

誰の目にも触れず静かに生きることができた。


ホリエモンの子どもの頃のことや価値観を知りたくなって読んでます。


生きづらさを心に持っているときそれは、死ぬまで続くように思ってしまいます。

それは、思い込みです。

彼の場合は、刑務所に入るという大変な思いをしてその思い込みを外すことになったようですが

私のような一般人(笑)も外すことができます。

薄皮をはがすようにゆっくりと丁寧に出来るだけ痛みをともなわないやり方もあります。

ゆっくりと自分に向き合っていく。

諦めずにいれば、そのときは訪れます。

私がそうだったから。







-------------------------------------



人気ブログランキングへ ←ありがとう♪…。
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-30 10:16 | Comments(0)

唯一の身体で唯一の体験

私の周りの人たちが自分の受け取りが速くなり出して、置いていかれるような感じになることがありました。

私は、相変わらずゆっくりとじっくりと心に落とし込んで行く必要があるようです。

だから今の状況があるんだなぁって納得できました。

ひとりひとり違って当たり前、違っていいって分かっているつもりなのに

無意識に速いが良くて遅いが悪いとジャッジしてしまいます。

この物質世界だけに生きていると、勝ち負けにこだわったり成功者か失敗者か?なんて視点で

みている自分に気がつきます。

それ自体が悪いわけでもなく良いわけでもないのですが、そのことに執着してしまうと苦しくなる。

何のために生きているのか?って疑問も出てくるのかもしれませんね。

このことに気づくと大きく深呼吸して手放すようにしています。


何度も何度も同じことが心に湧き上がり手放していく。

いったいいつまで同じような思いをグルグルするのかってネガティブになりそうなときは

地球が産まれ人間が産まれてから今の私の代まで祖先の分まで癒やしているんだから

まぁ繰り返しだよねって自分に語りかけて癒やしています。

(勝手にいいように解釈して慰めているだけなんだけど案外効果がある笑)


年末も押し迫り、忙しくされていると思いますが、大切なお体どうぞご自愛くださいませ♪





-------------------------------------



人気ブログランキングへ ブログを読んで下さってありがとうございます。そのエネルギーに応援されていまここにいる私です…。感謝♪
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-29 09:50 | Comments(0)

自分の取り扱いを大切に

相手のことを思い行動しているのに悪くとられることがある。

そんなことが続くとき自分の取り扱いが雑になっていることがある。

自分の心

自分の身体

ついついないがしろにしていたり、乱暴に扱ってしまっている。

ロボットのように人間は部品交換ができない。

だから、自分で思っている以上に大切に取り扱いたいものです。









-------------------------------------



人気ブログランキングへ ←ぽちりと…。
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-25 22:34 | Comments(0)

忌み嫌われるもの

どんな状況の自分も受け取っていく。

受け取ることの出来たもの、出来なかったもの、出来ていると思っていたら

さらに深く受け取ることがあるという体験をしています。


大切なお子さんを亡くされたますまちさんとの受け取りが深くなってきているように感じます。

生きるということ、死、肉体が終わってからの魂の話、悲しみや孤独、癒やし、悲しみを受け取ることで

その先に祝福が在る体験。

受け取るものに終わりはなく、ただ深まっていくって感じです。


今回、大切なお友達を亡くされた方のお話を聴いていて、その人の優しさや愛情深さを受け取っていました。

その横に座っている私の友だちの静かな優しさや思いやり。

それは、けっして押しつけでもなく静寂に近い。

人が亡くなるということは悲しいことです。

孤独を思い知らされます。

残された者は、その心を崩壊してしまうかもしれません。

それでもその根底に構築し直そうとする何かがあるようです。

そのエネルギーがあるようです。

そのエネルギーが動き出すとき、周りの目に見える人たちや目に見えない存在が結集し協力して

癒やしのエネルギーへと導いているのではないかと感じるのです。

押しつけや無理強いなど無縁の世界の中で、動き出す。

そこで見る涙も笑顔もなんて美しいだろう。

死は、忌み嫌われ怖いもので在るかもしれません。

その影に隠れている純粋で美しい無垢なるものを受け取ることができるという体験をしているようです…私。

立ち位置が第三者であるからこそ分かることもある。

当事者である人には、なかなか見えにくい部分ではあるかもしれませんが

それが見えだしたとき、内側も外側の世界も大きく変わるのだろうと思うのです。


そんな報告が伝えていけたらなって思ってます。






-------------------------------------



人気ブログランキングへ ←今日もありがとうございます。
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-24 16:15 | Comments(0)

自分を認めるって…

自分自身が立ち上がっていくと生きやすくなります。

自分自身を立ち上げていく方法に自分を褒めること。

誰か他の人に褒めて貰えればもっと効果的です。

人に「褒めて。」なんて言えないし、ただ言われるのをジーと待っていてもしかたがない。

それで、自分のことを褒める、褒め尽くす。

もうひとつ周りの人を褒めまくる、です。

そのうち回りまわって自分のことを褒めてくれる人が現れてきます。

そして「ありがとう」「嬉しい」と受け取る。


そうしていると心の中が落ち着いてくるのです。

感情に飲み込まれても立ち直りが速くなります。







-------------------------------------



人気ブログランキングへ ←ぽちりとお願いします…。
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-23 19:31 | Comments(0)

なにもできない私。

ありのままの私を受け容れていく。

何かをやっているときは、その事に価値を置いて自分を認めやすい。

なにもしていなくても、自分のことを大好きで大切に思う私でありたい。

たとえ身体が動かなくなっても認知症になっても私のこと大切に思いたいから

自分を受け取るってこと、やり続けているんだなって他人ごとのように納得した。

かっこちゃんのメルマガに時々登場するたけちゃん。

重度の障害があって身体も一人で動かすこと出来なくて、寝た状態です。

その状態でも人を勇気づけることができる。

支えることができる。

癒やすことができる。

それも多くの人をです。

たけちゃんって自分のこと100%受け取っているんだろうなぁって思うんです。

私からみるとそう見える。


私もそうなりたいんだって気がついた。

「あなたは、あなたのままでいいよ。」って言葉も大事。

だけど心からでるエネルギーはもっと凄い。


あるがままの素晴らしさを感じるために今があるんだね。


みんな大切。

みんな大事。

そのことを心から感じるいまが好き。







-------------------------------------



人気ブログランキングへ ←ぽちりと…。
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-22 14:00 | Comments(0)

愛しきる

愛を伝えることは勇気のいること。

目の前の全ての人を愛せる私でありたい。

大好きな人も、大嫌いな人も…全て。

その体験をしたい。

大嫌いを悪と捉えず、ただ在るものとして受けとめていきたい。

何かを変えようとするのではなく

押しつけようとするのでもなく

そのままを受け容れる私でありたい。


そんなことを普通に喋れる仲間が増えだしている。

その受け容れ方はスピードアップしだしていて、私が追いついていけない。

追いついていけない私をそのまま受けとめて愛せる私でありたい。


愛ってどんな状態の自分も受けとめること。

許すことだって思っている。

みんなもともと素晴らしい存在で最高の存在で美しい。

そのことにそれぞれが、気づき出していて、その人の良さが光だしキャラがドンドン特化していく。

自分を受けとめてみんな同じになるんじゃなかった。

それぞれが、それぞれの輝きを増してまるで虹色。

光ってひとつの色だと思ってた。

みんな違ってた。

その人の良さが引き立つだけのこと。

そうすると不思議とブレが少なくなって行く。

自分の存在に気がついてきだしたからだね。

だから、元の位置をちゃんと知っている。


そのことが、ただただ嬉しいのです。






-------------------------------------



人気ブログランキングへ ←ぽちりと…。
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-22 10:00 | Comments(0)

後悔しないために…

昨年から今年にかけて、お子さんを亡くされた方が3人もいます。

一番上の年齢で20代。

もう少し年数をさかのぼるとまだまだいらっしゃいます。

訃報を聞くと怖くなるのです。

親の気持ちになるとますます怖さが増して恐怖となっていきます。


どれほどの悔しさ、悲しさ、孤独を感じて過ごしておられるのだろう?と無意識に創造してしまう。

そんなときに気づくのです。

我が子をどれほど愛しているのか。

大切に思っているのかと言うことに…。

言葉や行動では、なかなか表現できません。

表現するようになったとはいえ以前よりまし程度です。


愛するということを表現することはなんて勇気のいることだろうと思うのです。

大好きということを表現することはなんて勇気のいることだろうと思うのです。


怒ることより勇気がいるってどういうことなんでしょう(笑


心の中の奥に眠っている表現上手な私を愛そのものをそろそろ表舞台に立たせたいと感じています。





-------------------------------------



人気ブログランキングへ ←行動であらわして貰えると嬉しい…。
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-21 16:33 | Comments(0)

どんな人生を送ってますか

今日は、久しぶりに主人の実家に行ってきました。

義理の母と会うと「最近おとうさんがぼけてきて…。」が口癖。

もう、何年位前から聞いているのか分かりませんが年賀状の両面をパソコンで印刷できるので

それでも、ぼけてるってすごいなぁ~と思ってます。

「昔は、おとうさん掃除機を持って隅から隅までしょっちゅう掃除してたのに…いまじゃ全然…。」

掃除して貰えなくなって残念なのかなぁって思いながら

母の足もとをみると靴下履いてる。

「お母さんおとうさんが掃除機しなくなったから靴下履けるようになったんですか?」

おとうさんが靴下から埃が出るからとお母さんは靴下を真冬でも履かして貰えなかったのです(笑

素直に従うお母さんも凄いけどおとうさんも凄い!(笑

私「靴下履けるようになってよかったですね。」

「おとうさんが掃除機持つの嫌だった。」と母。

話は、終わりまで聞いてみないと分からないものです。

掃除機で掃除して貰うこと喜ばれてるんだとばかり思ってました。

これは、私の価値観。

お母さんは、自分のしたいように掃除して靴下も履いていたかった。

靴下を自由に履けなかったお母さんって可哀想(笑

こんな日常の会話しながら笑い過ぎてしまう私なんですが

いつも冗談半分で可哀想と言ってしまう私がいるのです。

だからかな?

私の目線で可哀想な出来事が私に降り注いでいた。


明石家さんまさんと鶴瓶さんは、いつも面白ネタを探している。

さんまさんは、新幹線で後輩に会うと「なんか面白い話ないか?」って聞くらしい。

鶴瓶さんも面白ネタ帳を持っているらしい。

人間の一生であんなに面白い出来事ってそうそうないと思うけど

ありえない面白ネタ一杯。


人は、意識を向けっているものを引き寄せる。

私は”可哀想な人生”を

さんまさん鶴瓶さんは、面白い人生を。


今の私は、何に意識をむけているかな?

安心で平和な人生。

楽しい人生。

昔の癖が出て時々可哀想な人生(笑








-------------------------------------



人気ブログランキングへ ありがとうの人生もいいなぁ~…。
[PR]

by siawase0604 | 2013-12-18 20:06 | Comments(0)