孤独

何かの本からか、誰かから聴いた話なのか忘れてしまったけれど

ひとつのミニストーリーが、私の頭の中でたびたび浮かんでは消え、消えては浮かび。

………


自分の人生を振り返ると、二人の足跡がある。

ひとりは自分。

もう一人の足跡は神。

一番辛く苦しいとき足跡は、一人。

「神よ、なぜ辛いときに私の傍に居て下さらなかったのですか。」

返って来た言葉は

「私は、いつもあなたと共にいる」

そこで

「では、なぜひとりの足跡しかないのですか?」


神は答える。


「あなたが辛くて動けないときには、私が背負って歩いていたからだよ。」







-------------------------------------

人気ブログランキングへ ゴロゴロしているときも、頑張っているときもいつも一緒なのです。だから、隠し事なんてできない、全ては、バレバレ。だから安心して生きていたらいいのです。
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-29 08:08 | Comments(0)

幸せになるために条件は、いらないのです。

なぜだか、ふと黒斎さんとマッキーのコラボにいってきました。

と~っても楽しくて行ってよかったぁ~。

ブログも読んでいるしまぁいいか!って思っていたのに…。

黒斎さんのブログは、ここから

人は、幸せになる為に、我慢、義務、犠牲を自分自身に強いてきました。

本当は、そんなもの何一つ必要ないのです。

愛、感謝、そして今を楽しんでいれば、心の中の幸せが反応するんだ!

幸せは、自分自身の中にあるもの。

それを感じればいいだけ。

あぁ、私しあわせだったんだ~って。



-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←応援ポチリを喜んでうけとります♪
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-27 10:00 | Comments(2)

心がザワザワの原因って…

今日もメルマガ紹介です。

幸せになるために頑張っていたはずが、幸せになることを怖れてはいませんか?

ここからは、メルマガ紹介です。




………メルマガ……


あなたは心の中で幸せになるのを恐れてはいませんか?



この問いかけに対し、あなたは

「幸せを恐れる理由なんてどこにもない」

と一笑に付すかもしれません。



はたしてそれは本音でしょうか?

胸に手をあててよく考えてみましょう。



信じられないかもしれませんが、

多くの人が心の奥底で

「自分は幸せには値しない人間だ」

と思っています。




あなたがどれくらい幸せになれるか、

あなたがどれくらい成功できるかは、

あなたがどれくらい健康に生きられるかは、

あなたの自己重要感の度合いに左右されます。




ここでいう自己重要感とは、

おごりや高ぶり、プライドの高さのことではなく、

自分で自分の価値を認める気持ちのことです。




自己重要感の高い人は、ひけらかしません。

自己重要感の高い人は、卑下しません。

自己重要感の高い人は、あまり緊張しません。

自己重要感の高い人は、自分を大きく見せようとしません。

自己重要感の高い人は、他人に勝つことで価値づけをしません。

自己重要感の高い人は、負けることで絶望しません。

自己重要感の高い人は、劣等感を持ちません。

自己重要感の高い人は、他人の意見を頭から否定しません。

自己重要感の高い人は、うまくできない気がしません。

自己重要感の高い人は、他人の評価に自分の価値を委ねません。

自己重要感の高い人は、他人の目を気にしません。

自己重要感の高い人は、地位や名誉にこだわりません。

自己重要感の高い人は、家柄や育ちに縛られません。

自己重要感の高い人は、リーダーになることに抵抗がありません。

自己重要感の高い人は、強く見せかける必要がありません。

自己重要感の高い人は、過剰なプライドは必要ありません。

自己重要感の高い人は、自分が弱いことを受け入れます。

自己重要感の高い人は、人を悪く言う必要がありません。

自己重要感の高い人は、誉められても居心地の悪さを感じません。

自己重要感の高い人は、素直に謝ります。

自己重要感の高い人は、素直に感謝します。

自己重要感の高い人は、自分がしたいことをします。

自己重要感の高い人は、行動力があります。

自己重要感の高い人は、自分のために生きます。

自己重要感の高い人は、自信を持ちます。

自己重要感の高い人は、自分を信頼します。

自己重要感の高い人は、自分を大事にします。

自己重要感の高い人は、自分らしく生きます。







その一方で、

自己重要感の低い人は、

無意識に幸せになるのを避ける傾向があります。







たとえば、

はじめに高い地位を与えられても、

「自分は価値のない人間だ」と思い込んでいるかぎり、

自滅してその地位から転落しやすい。



汗水たらして苦労してお金を稼いでも、

「自分は裕福になるに値しない」と思い込んでいるかぎり、

経済的に苦労をしやすい。



素晴らしい恋人を見つけても、

「自分にはもったいない相手だ」と思い込んでいるかぎり、

なんらかの方法で相手を遠ざけてしまいかねない。



・・・・・等など。







幸せになるために、

成功するために、

健康になるために、

健全な自己重要感を持ちましょう。







「自分は幸せに値する人間だ」

「私は成功するにふさわしい人物だ」

「私は健康になってもよい」

という信念を持ちましょう。







そうすれば、

あなたは自分の幸せや成功、健康を

素直に受け入れて、

充実した人生を送れるようになることでしょう。







棚田








「自己重要感」に関する新講座のご案内です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 初心者・未経験者向け(2日間)
「ビリーフチェンジ・短期集中講座」
~ビリーフチェンジで「自己重要感」を高める~

2日間の講座です。各回とも同じ内容です。

【東京会場】
 11月23日(土)~24日(日) 10:00~18:00
  1月25日(土)~26日(日) 10:00~18:00

【大阪会場】
 12月21日(土)~22日(日) 10:00~18:00
  2月 8日(土)~ 9日(日) 10:00~18:00

【福岡会場】
 11月30日(土)~12月 1日(日) 10:00~18:00
  1月11日(土)~12日(日) 10:00~18:00

受講料 31,500円

※詳細とお申し込みはこちらから
 http://www.tanada-katsuhiko.com/index.php?BCCC
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ご協力よろしくおねがいします。
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-25 12:00 | Comments(0)

腑に落としてギフトを遠慮なく受け取ろう

以前の私は、愚痴と不満で心の中が溢れていました。

言葉として、漏れ出していることもありました。

それが今、娘に

「お母さんの不満や愚痴はどこで吐き出しているの?」と尋ねられる。

「分からない。」

自分でも分からないのです。

吐き出しているのか、吐き出していないのかさえも分からない(笑

(危ない状態なのかも)

自分のことは、分からない私ですが、心の中が随分静かになりました。



それは、目の前の出来事を腑に落としていくことができるようになったから。

目の前に居る人を鏡として受け取り、自分ごととして心に落とし込んでいく。

話を聴いて、私の感じたことを伝えると

いつの頃からか、目の前のひとは「あ~、そうなん。」って素直に受け取ってくれるようになりました。

そして素直に受け取ってくれるその人は「そういえば、~」と話が続く。

私の感じたことを証明する出来事や言葉へと繋がって、お互いに「それだ!」って腑に落ちていく。

私の感じたことは、信じていない人からみれば、何の根拠もないこと、いい加減な作り話。

それを確信を持って証明できる人は、ひとりしかいない。

それは、聴いている当事者のあなただけ。


お互いが、鏡となり受け取っていくだけの世界。

どちらが、教え学ぶと言う関係でもない。


経験した人だけにしか分からない感覚です。

そんな仲間が、私の願い通りゆっくり増えてきています。

最近は、あまり外にでないのにそれでも、またひとり増えました。

不思議です。


何かを学ぶ必要もないし、習得すべきものもありません。

ただ、コツがあります。

そして、相手が必要なのです。

相手を選ぶ必要はありません。

目の前に現れた人が、そうなのですから。

好き嫌い関係なく、度々登場する人があるならメッセージ性を持っている人かもしれません。


人間の心の中は、ポジティブだけでなくネガティブも存在しています。

ネガティブな自分の思いも静かに受け取って腑に落としていって下さい。

そこから、ギフトが訪れてきます。




-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ご協力よろしくおねがいします。
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-20 15:00 | Comments(0)

怖いをさかのぼっていくと…

長女との会話。

長女「どこにいっても、怖い人が居る。」

私「もっと小さい頃、その怖いを最初に感じたのは、いつ頃だろうねぇ?」

長女「どこに行っても、お母さんは怖かった。」

私「そのときの思い込みが、いまも生きているんじゃない?」

私「今もお母さん役をする人が現れている、どこへ行っても。」

長女「確かに…」


まぁ、なんと言いますか…。

こんなに優しいお母さんを怒らせるような何をしていたんでしょうねぇ~と親は、言い訳したくなります。

この会話だけを聴いていると長女は幼い子どものように感じます。

幼い子どもの頃の刷り込み、思い込みを、幼い心のまま今も持ち続けているのです。


気がついていくことで終わっていきます。

深い刷り込み思い込みは、何度でも何度でも、繰り返し繰り返しです。


人を信じられないのは、怖さが強かったせいかもしれません。


気づきが深くなっていくと、目の前の出来事も変わりだしてきます。

娘の人生に、これからどんな出来事が待っているのか楽しみです。



-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ぽちりと押して頂くことで励みになります。
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-19 12:08 | Comments(0)

いくつになっても…

甘えたい。

甘えたい。

もっともっと甘えたい。


甘えられないと寂しいですよね。

悲しいですよね。


幼い頃、甘えた記憶がないなら、甘えたいを持ちながら生きてます。

親は、問題ではありません。

自分の気持ちだけ。

子どもから大人になり、甘えたいなんてあり得ない世界で生きてきたなら

ますます、甘えることは許されず。

思っていることさえ許されず。



甘えていい。

甘えていいんだよ。

大人になったって、甘えていい。

甘えてみたい…そんな気持ちがあるなら

声にだして呟いてみよう。

甘えたい。

甘えたい。

甘えたい。

甘えていいんだね。

甘えていいんだよ。

心に染みこむまで何度でも…。


心が落ち着くまで…。

-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ご協力よろしくおねがいします。
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-17 08:59 | Comments(0)

ネガティブを嫌っているのは私

11月ロナルド・A・アレクサンダー博士によるワークショップに参加します。

決めたころから、私もセッション受けてみたい。

テーマは、何にしようかなぁ~って考え出したころから、心がネガティブに偏りだした。

楽しみで参加したいから、それなりのテーマをと、無意識で思えば思うほどネガティブがやってくる(笑

ネガティブな出来事というより、心の中を占めるネガティブな感情。

「悩み~」意識を向けると、引き寄せるようにやってくる。

セッションを受けるためには、悩みが必要だから。

この現象が、分かっていてもやめられない、止まらない。


仕方がないので、受けとめる。

感じる。

味わう。

でもネガティブ感情が逃げてしまうとワークショップの楽しみが…(涙

なんだか、ややこしいことになってきた(笑


どんなにややこしくなっても、

誰かに助けて貰える、助けを求めることが出来る私がいることで安心して今を生きている。




そういえば、ネガティブな小さな出来事があった。

久しぶりに苦手な人が、現れた。

それを心の底からニヤニヤしながらみている私がいる。

確かに、これ私だ!って思いながら…。

「あの態度良くないよね~」って言いながら、私のことだって思ってる(笑

そう、確かに私です。(相手の立場や気持ちが分かっていない幼い私)

いまも、昔も関係なく存在している私の姿…恥ずかしいかぎりです。

私だ!って受け取ってしまうと、かばいたくなったりして…ややこしい(笑

こんなとき、思うのです。

素敵な大人になりた~い!

-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←今日もぽちりとお願いします。
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-16 11:56 | Comments(0)

順調にいくってことが、なかったのに…

私が、目の前の出来事や自分の感情を受け取っていくと

家族がどんどん変わっていきます。


素直に自分の考えていることが言えるようになったり、

素直な表現方法で相手に伝えお互いに言いたいことが分かり易くなっています。

誤解が減ります。

文章に書くと当たり前のことですが、それができない家族でした。

相手のことを思っていても、いつも裏目にでる、そんな家族でした。


6日から飼っているワンちゃんのことを少しお話します。

ブリーダーさんの所で子どもを生む為にいました。

一匹が入れるゲージで日々の生活。

ひなたぼっこは、1メートルくらいの紐につながれて、順番にしていくそうです。

6才になり、里親を探されていて、縁あってうちにきました。

成犬なので躾は、無理だろうと言われています。

トイレトレーニングも。


不思議なんですが、主人や家族の想いが素直に通じているようです。

主人にお手やお座りをするようです。

寝る場所も家族が望む所に、寝そうです。

私は思うんです。

家族が素直になり出したことで、そのエネルギーを犬も受け取っている。

だから、無理なく自然にそのようになっていく。

犬のキャラもあるし、どれだけ酷い目にあっていたかで心の傷の深さも違います。

ブリーダーさんの対応が良かったのかもしれません。

(私たちに対応してくれたブリーダーさん、奥さんはとっても動物好きなことが伝わってきました)


現在、妙に家族のバランスが良い(笑

家族が1匹増えたこともおおいに関係しています。

素直なワンちゃんが来たから、私達が素直になれるのかな?(笑

どちらにしても、素直なエネルギーに引き寄せられ始めています。



家族のそれぞれの存在が微妙なバランスで絶妙に動いているようです。

それは、アツアツって感じではなく、クールにです。

私の家族らしく…。



-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ワン♪クリックを期待しています♪
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-13 08:25 | Comments(0)

封印していたもの

悲しみの根源に行き着くことで、愛を探り当てた。

しようと思ってしたわけではなく、結果的に愛に辿り着く。

言葉では、言い尽くせない感覚。


もう暫くあじわっていたい。

もう暫くあじわっていよう。





-------------------------------------

人気ブログランキングへ←今日もまたポチリとお願いします。
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-12 15:01 | Comments(0)

幼い頃のままの思い込みをしっかり抱きしめて生きていた

私と妹との間に弟がいました。

生まれて数日間で亡くなってしまったけど…。

弟をなくした母の悲しみを私も背負っていたことに気がつきました。

大好きな母が悲しんでいるのに何の役にもたたない。

大好きな友だちが悲しんでいるのに何の役にもたたない。

この想いが同じ感情。

こんな想いを人生の中で繰り返してきたように思います。

役に立たないなら、せめて同じような感情を味わって同じような立ち位置に居るべきだ、

そんなふうに思っていたのかもしれません。

私が幼いころ、それが精一杯の愛情表現だったのです。

幼い頃の思いのまま大人になっても繰り返していたことに気づきました。

大人になったいま、色んな愛情表現があることを知っています。

自分を苦しめるやり方ではなく、素直に表現していきます。

今伝えたいこと

 大好き。


いま私ができること

 大好き

で、在るっていうこと。


自分の奥底に封印していた悲しみを紐説いてくれたひさえさんありがとう♪

いろいろな出来事が、繋がっていってます。


いまは、ただ受け取るままに…。

-------------------------------------

人気ブログランキングへ 悲しみというネガティブな封印を解いたことで大好きというポジティブな想いがより一層溢れてくる。
[PR]

by siawase0604 | 2013-10-12 08:08 | Comments(0)