<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

子育て中のパパママ応援してます

今のパパやママ達は、子育てが大変だと思う。

情報があまりにも多くて何を信じていいのかわからなくて戸惑うこともあると思う。

私の子育ての頃も、色んな情報が出だしたころだった。

うつぶせねがいいとか

おんぶがダメとか

離乳食の時期

いいという情報が流れると悪いという情報が次に流れる。

その上に義理の両親の意見が強く入ってくる。


一人目の時は自分にも自信がないから、翻弄されまくっていた。


二人目からは、アトピーと喘息に翻弄された。

アトピーは皮膚科と小児科では治療方法も違う。

薬を塗っても酷くなっていくばかりの時期もあった。

それが、ステロイドの副作用と知ったのはニュースステーションの久米さんのコメントからだった。


何を信じればいいのか分からない状態の中で、子どもをみながら「人体実験だよね。」って心の中で

呟きながら色んな病院を訪れたことを思い出す。


今振り返ってアトピーと喘息が子どもにあって良かったと思うこともある。

食事に関心を持ったこと。(今はあんまり気にしてないけど)

農薬、食品添加物など、お菓子にも神経質になっていた。



一番良かったのは病気が悪化したときは、真剣に子どもと向き合ったこと。

元々体力がないのに三人の子育ては、毎日がヘロヘロだった。

しんどくて眠くて何か病気なのかと思うほど…。

子どものことをかまっている場合ではない。


喘息やアトピーが重症化すると真剣に向き合う。

症状が落ち着くまで気を許せないから。

特に自己主張しない長男は、喘息になるその時だけ母親を独占できた。


喘息がなかったら、長男をかまった記憶もなくずっとずっと寂しい思いだけをさせていたかも。

私の罪悪感も今頃マックスだっただろう。


子育ての頃は、何で喘息なんて…随分喘息のことを恨んだ。

今は、喘息やアトピーがあったからこそ真剣に子どもと向き合うことができる時間が持てたと感謝できる。


病気なんてしなくて健康で子どもと真剣に向き合えるのが一番だ。

情報に翻弄されても、真剣に向き合って育てていけば子どもは感謝してくれる。


仕事よりなによりあなたが一番大切。

あなたがそばにいるときが幸せ。

これを、アピールすることを忘れずに育てれば子どもは親を大切にしてくれる。

親を大切にする子どもなら、周りの人も大切にしていく人になるだろうと思う。




-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ご協力よろしくおねがいします。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-31 09:29 | Comments(0)

自分の人生なんだから

今日の天声人語は、こんな出だしで始まっています。

寺山修司さんのギャンブル論に、ファンは「負けるべき必然」に賭けている、というのがある。

偶然の勝ちより、やはりだめかの安心感を楽しんでいると。

(本文ここまで)

人生にもこれは、当てはまるように思う。

幸せになりたいと思いながらも

どこかで、やはりだめかの安心感がある。

自分の人生の急激な変化を怖れてしまう。

経験のない人生は、恐怖でしかない。


良くも悪くも、これまで通りの人生が一番安心。


これまで通りの人生を歩いていくのも

新しい道を開拓するのも

どちらでもいい。

どちらが、正しくて間違っているとかないんだから。


自分の自由意志で歩いていけばいい。

日本は、それが許される国だから。


-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←あなたの自由意志でワンクリックを。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-30 09:14 | Comments(0)

いろんな価値観があるよね

誰でも仲間と仲良く人生を過ごしたい。

価値観の違いから、相手を嫌ったり避けたりしてしまう。

逆に、拒否されたり、傷ついたり。


この世の中に、まったく同じ価値観の人はいない。

こんなに、多くの人が住む地球に自分と全く同じ価値観の人を求めても無駄に終わる。


たとえ、親子であっても価値観は、違う。

たった一つの価値観にしがみついて生きてきた。



末娘は、高校生のころピアス、制服の乱れは当たり前。

上の二人と違って…いえいえ…私の価値観から外れていただけ。


ちょうどその頃、京都のハピネスセミナーに通い出した。

私には奇跡的な出会いだった。

この出会いが、なければもっと、もっと娘を責めていただろう。



娘の外側を見るより、内側をみるように心がけた。

娘は自分の価値観で精一杯生きている。

ただ、私の価値観とは違うだけ。


娘の価値観に関心を寄せて、言葉にも気をつけた。

相手を尊重することとご機嫌をとっていることの違いが今ひとつ納得いかなくて

自分の中で苦しんだ時期もある。

苦しんでいると、そのことを必ず口に出してくる周りの存在がある。

ますますイライラしていた。


新しい価値観に変わるとき、受け入れるとき産みの苦しみともいうべきものかもしれない。


相手を受け入れていき、気が付くと何もなかったように娘と上手くいっている。

就職もして、なんとか続いている。

娘にしてはよく頑張っていると思う(笑)

人は、尊重されだすと頑張りも身につくようになってくる。

それまでは、すぐに根をあげたり立ち止まってしまっていたのが少しずつ成長している。


嫁姑、親子、会社など逃げられない関係がある。

そんなとき、勇気を出して向き合ってみるのも一つのやり方。

対立をするのではなく、その価値観を受け入れてみる。


あり得ないと感じるかもしれないけど、自分が嫌って隠し持っている自分を表現しているだけかもしれない。

好きな人や友だちには、絶対に見せないけど

嫌いな人や見下している人には無意識に見せている自分かもしれない。


その事に気が付いていくだけで、相手や自分を責めずに済むようになる。


そのうち、苦手意識がなくなっていく。


いろんな価値観があっていいんだ。

それもありなのねって思うと肩の力を抜いて生きていくことができる。



-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ぽちっと押すのも押さないのもあなたの価値観で。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-29 20:04 | Comments(0)

自分のしあわせを願う

子どもや周りの人を幸せにしたいそう思っても自分が満たされたことがないと幸せにできない。

まわりの人達から幸せにするんじゃなくて

自分が幸せだと自然に、周りも幸せ気分になっていく。


だから自分が幸せになることにOK!を出して欲しい。


遠慮しないで

周りの人がどんな状況であろうと幸せになると決めて欲しい。


自分が幸せになることで、周りも幸せになっていくんだから。
-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←しあわせになってポポポポ~ンと。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-29 15:16 | Comments(2)

子どもを幸せにする秘訣

赤ちゃんのうちから、いっぱい抱きしめて

言葉にだして、「大好きだよ!」「愛してるよ!」って言い続けてくださいね。

もちろん笑顔で…。


大きくなっても、やり続けられるように…。


子どもにとっては、最高のことば。

愛されてるって感じながら育っていきます。


元気がないときは「大丈夫だよ。お母さんがついてるよ。」ってハグ。

子どもにとっては、最高の強み。


愛されて育つ子どもは、自分に自信が持てます。

自分のことが好きでいられます。


そんな子どもは幸せになるしかないのです。



-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←彼氏やパートナーにも効果は絶大よ。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-27 19:08 | Comments(0)

子どもを褒めて気が付くこと

お母さんの存在って、神様位凄い存在。

大人になっても、その影響力は大きい。


反面教師としての存在かもしれないし

越えられないほどの大きな存在だったり

大人になっても逆らえないという人もいる。


戦時中、特攻隊が命が尽きることを覚悟し「おかあさ~ん。」と叫びながら敵に向かっていったというのは有名

な話。

きっと、世界中の人が思っているより母親という存在は、偉大なのだ。


ところが、私もそうだったが毎日の忙しさの中で母親の影響力の大きさを忘れてしまう。


お母さんの心が安定していると子どもも自然に落ち着いてくる。


将来自分が楽をするためにも子どもが困難にぶつかったとき

自分で考える力を身に着けて乗り切れるように考える力を小さなころから育てよう。


それでどうしたの?

いい考えだねえ。

一緒にかんがえてみようか?


母親の考えを押し付けるのではなく、子どもに考えさせてみよう。


そして、結果を評価するのではなく経過を褒めて認めてみよう。

テストの点に焦点を当てるのではなく、テスト勉強の経過を褒めてみる。


勉強してなくて50点だったら「勉強してなくても50点採れたんだから勉強したらもっといい点採れるね。」

自分が言われて嬉しいことを言ってみる。

子どもの存在を尊重する。


相手を尊重していくことで自分も尊重されていく。



-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ご協力よろしくおねがいします。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-27 16:20 | Comments(0)

キーワードはパートナー

今日は、スピの話を楽しんできました。

相手に話す言葉が、そのまま自分への言葉でした。


「ご主人が一番の応援団になってくれるよ。」

「いまできることは、ご主人を尊重すること。」

「ご主人と向き合うこと。」

こんなようなことを言ってました。


話しながら、これは自分に言ってるんだよね~。

自分のことなんだよね~って思いながら。


いろんなことを順調良くことを運ぶ秘訣の一つは、パートナーを大切にすること。

いいわけをして、我が儘な人だから無理とか自分勝手で無理とかいろいろあっても。


パートナーを大切にすることは、自分を大切にすること。


どんな自分も大切にして貰えたら嬉しい。

それは、パートナーも同じ気持ちのはず。


そうしていくことで、相手も変わってくる。

あり得ないことが、起こってくる。


どんなことがあっても、応援なんてしてくれるはずがないと思っていた相手。

気が付けば、応援団。



ほんの少しの勇気と行動があれば、相手が変わってくる。


-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ご協力よろしくおねがいします。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-26 23:29 | Comments(2)

自分に寄り添って生きる


恋愛以外で愛を感じることっていつだろう。

恋愛だけの愛ならかなり狭い世界。

子どもに感じる愛。

20~30代の世代で頑張っている人達を見ても子どもを通して見てしまって応援している自分がいる。

これも、広い意味の愛かも知れない。


心の底から、いまこの瞬間を生きていることに感謝が湧いてくることがある。

そんなとき、愛も一緒のような気がしている。

誰かを指しているわけでもなく、物欲とも関係のない世界。

全てが感謝と愛おしさがある。

こんな愛もあるんだなって…。


そんなとき、静かで穏やかな感覚がある。


いつもそう感じていたいけど、すぐに消えてしまう。


罪悪感や劣等感をかんじることもある。

でもいまは、ずっと続くわけではない。


雲が、風に流れていくように感情もまた流れていく。

ネガティブな感情の合間は、晴天のように清々しい。


この体験を、この肉体で体感できている自分が嬉しい。


これは、特別なことではなく誰もが体感できること。


それを、伝えることができたらしあわせ。


私がどれほど落ちこぼれ人生を歩んできたか。

卑屈に生きてきたか。

平々凡々と生きてきたか。


それでも、いまを味わえる。

-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←自分の心を自由に生きたい。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-25 10:02 | Comments(0)

自分を愛そう

「幸せになりたい!」

「認めて欲しい!」

「愛して欲しい!」


心の奥底に隠している思い。

恥ずかしくて言えないかもしれない。

いい歳して何言ってるんだ!って叱られそうで…怖かったり。


でもでも、みんな実は心の奥底では気が付いているはず。

諦めているふりをして、ずっと願っているなら

諦める必要なんてない。


もしかしたら、今思っている幸せの形ではないかもしれないけど

必ず幸せになる!

認められる!

愛される!

まず、自分で自分を愛そう。

自分を信じよう。

自分の人生を信じよう。

大丈夫!って自分に言ってみよう!


自分で自分のこと愛してあげなきゃ

誰も愛してくれない。


大丈夫!


安心して自分を愛そう!


-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←自分を信じてポチッと押してね。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-24 19:43 | Comments(2)

ピンチはチャンス!

幸せってなんだろう?

人によって定義が違うからひとりひとりに聴いてみないと分からない。


お金持ちで容姿端麗で愛する人がそばにいて、才能に溢れている。

私は、こんな風に自分の中で考えていました。


大人になって気が付いたのですが、お金があっても苦しそうな人や

美人なのにいつも、苦労する相手を見つける人。

才能があるのに上手くいかない人をみていると

私の思っていた幸せって

実は外側のことで、内面を満たしていかないと幸せにはなれないことに気付き始めました。


内面を満たしてくれる幸せって?

このことを探し求めて…

行き着いた答えが、感じること・溢れてくるもの…???


初めて目にした時は意味が分からなかった。

じゃあ どうすればいいのか?


自分を知って受け入れていくこと。

ますます奇々怪々。


分からないなりにも、迷いながらここまで来た。

感謝なんて言葉で言うありがとうしか知らなかった。

心から溢れてくる思いなんて…。


でもよくよく考えてみれば忘れているだけで、周りから助けてもらったり

大難が小難ですんだり…ほっとしたことが、感謝のあらわれ。


一番印象に残っているのは、子どもを出産したとき。

この世で一番自分が幸せなように感じて抱きしめていたころ。


人は、誰でも幸せなときもあるしネガティブになってしまうこともある。

たとえ、ネガティブなときでも、守られているとか大丈夫!と思える気持ちがあればそれは、幸せなんです。

ポジティブとネガティブ両方あっていい。

バランスだけ。


人間として生まれた以上両方経験して生きていく。

魂を成長させるためには、両方必要。


ネガティブな感情が出て来たらそれは、自分を知るチャンス!

-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ご協力よろしくおねがいします。
[PR]

by siawase0604 | 2011-10-24 12:37 | Comments(2)