<   2011年 08月 ( 38 )   > この月の画像一覧

子どもの反抗期

自我が芽生えだしたとき反抗期といいます。

よくよく考えてみると、自分の考えが芽生え始めている時期なのかもしれません。

好奇心が旺盛で、良い悪いもなくやってみたいことを口に出している。

自分の意見や考えを聴いてほしい。


分かってほしい。

認めてほしい。


この時期にしっかり話を聴いておけばよかった。

考えを聴くことで考える人間になる。

いつも否定ばかりだと相手は何も考えなくなってしまう。

考えるだけ無駄だから。

たとえ納得出来なくても、「お母さんは、こうしてくれたら嬉しいなぁ。」

と自分の気持ちを伝えることができる。

そんな余裕があったかどうかは別問題として…(笑)



こんな話を知っているのといないのとでは大違い。

「ダメ」とか「危ない」とかじゃなく

失敗を恐れず「大丈夫だよ。」って言えたら最高だよね!


-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←理想の自分に近づくためにファイト。
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-31 17:38 | Comments(0)

母親の愛情を感じたくて

誰からも愛されたい。

この気持ちは、全ての人に当てはまるかもしれません。


セッションを受けて思うことですが、実は母親にそれをいまだに強く求めていたんだって気がつきました。

母親から愛を受け取ることなんて諦めていました。


きっと母親の愛を感じることは、地球上全ての人に愛されることと同じくらいの価値があるんじゃないかと。



もうそれを手に入れているのに…。




-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←まだまだ甘えん坊なんでしょうか。そんな私にワンクリックを!
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-30 19:56 | Comments(0)

セッションを受けて


養成講座で、オープンカウンセリングが毎回あります。

セッションを受けたい人は、受けられるシステム。


今回とうとう私の順番がきました。

人前に出てセッションを受けるとか話をするのは苦手なんですが、セラピストとして活動していくために

自分のブロックを少しでも多く取り外して行く必要があるからです。


今回人に近づいてはいけないというビリーフを外してもらおうって決めていたので

その事を伝えました。


原因は子どものころ、母親の顔色ばかりうかがって生きてきたことは講座の中で理解していました。

母親役の人に数メートル先に立って貰いだんだん近づいていきます。

ドキドキしたり、それ以上近づいて欲しく無い距離で止まります。

母親役の人は無表情ですが、なぜ近寄れないのか母親がどんな感じなのか答えていきます。

「お母さんは怒っているような感じ」

お母さん役の人「怒ってないよ。大丈夫だよ。」

自分が納得したら前に進んでいきます。


私は、こんなことで本当に解決できるのか半信半疑でした。

セラピストを信じ出来るだけ素直な気持ちで答えよう、

そう思って挑んだからなのか分かりませんが、普段イメージの苦手な私がその時の状況や気持ちが

出せたと思ってます。

でも一番は、やっぱり棚田克彦さんというセラピストのなせる技だと。


最後に「この理想のお母さんにして貰いたいこと、言って欲しいことはなんですか?」という問いに

「愛していると言って欲しい」と答えてました。


普段なら「別にありません」とか言いそうな私ですが素直な気持ちになってました。

母の育て方は、きっと先祖代々そんな風に育てられてきたからだと分かってます。

自分自身も又そんな育て方は、したくないと思いながら

それしか知らないからそうしかできない自分がいました。



愛しているのに悲しい連鎖です。


そのことを知ったときから、この連鎖を止めるためにどうしたらいいのか探し求めてきました。

探し求めているうち幾つもの道を見つけています。

その場所で学んでいます。

どの道もたどり着く所は同じ。


セッションがすんで暫くしていると一緒に学んでいるそこにいる全ての人に愛おしさを感じてニヤニヤしてしま

っている自分がいました。もう次のセッションが始まって深刻な場面だというのに…。



ホテルの部屋でひとり静かにしていると幸せな気分が何度も現れたり消えたり…。

私の受けたセッションは、人に近づいてはいけないのセッションだったはずなんですが。

このブロックが外れたかどうかはもう少し様子をみていく必要があるので又の機会に。


ますます心が軽くなる自分がいます。

-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←ご協力よろしくおねがいします。
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-30 10:32 | Comments(0)

私はどんどん軽くなる。

行きの電車の中でふと子供が結婚してもいいことにok!を出していました。

子供が結婚すると相手の家族や親戚との付き合い。

新たな家族との付き合いを考えるとめんどくさいな~。なんて思ってました。


それが、なぜか突然子供に子供が出来ることにOK!をだしている自分がいました。

(電車の中でそんなことを考えていたわけでもないのに。)


心理学セミナーや養成講座などにいくうち次第にいろんなブロックが解放されているような気がします。

自分がセッションを受けているわけでもないのに…。

人のセッションを見ているだけでも解放されていくと聞いていましたが

私には、当てはまらないって思っていました。


「私にも当てはまっていたんだ!」そんなことを考えながら、もっと解放される出来事がこれから向かう

養成講座で待っていました。


  つづく…



-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←心が軽くなるってこんな感じなのね。もう一押しお願いします。
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-29 15:23 | Comments(4)

男女間はこれで上手くいく

息子の所までやっと帰ってきました。

プロセラピスト養成講座、6日目終了です。


一緒に学んでいる人たちは、整体師、セラピスト、会社員、歯科医等々さまざまな職種の人たち。

お茶しているときに会社員の方が言われていたこと。

自分の部下である新入社員の一人はオドオドしていていつも自信がないようなかんじ。

セミナーに行くことを勧めて参加した翌日から自信たっぷりな態度に。

「いったいなにがあったんだ?」その質問に

部下は、「自分の話を泣きながら二人の女性が聞いてくれた。」

異性である二人の女性に認められて本人は、自信を得たようです。


男性は、単純なのかもしれません。

もしかしたら母親に認めれたことがなかったのかもしれません。


コメンテーターの室井さんだったかな?

「男の子を育てていて育児書を何冊も読んだけど役にたたなかった。

ただ、ホステスをやっていた経験はとっても役に立った。」

褒めて褒めて褒めるしかないのかも(笑)



またまた、主人と息子に対する態度を反省中。






-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←今の時代褒めまくりましょう。
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-29 01:00 | Comments(0)

子供から学ぶことは無限大

私の子供達はアレルギーがあり、喘息や鼻炎、アトピーと共に生活してます。

だからいろんな物に過剰反応したり、なんでこんなことに…というような症状と向き合いながら暮らしている。



アレルギーの体を持って生まれた子供達から殆ど責められたことがありません。

特に息子は大変なので一度くらいイエイエずっと言われても仕方がないほどです。

でも一度も責められた記憶がありません。


私が子供だったら、きっと責めてました。

八つ当たりもしたことがあるし…。

心では、思うことも色々あると思うけど言葉にしないタイプなのかもしれません。

でも、避けられているワケでもありません。

最近、息子の所を中心に移動していることが多いからよく泊めて貰っても嫌な顔するわけでもなく

気持ち良く迎えてくれます。


一言で言葉に表すなら感謝。


子供を育ててあげているってどっかで奢りがあったように思います。

だから、大切な存在と思いながらも大切に出来ていなかった。


素直に自分の思いを表すことは自分の弱みをさらけ出すことかもしれません。

私には、その勇気と向き合うことが怖かったのかもしれません。


前に向かって歩こう進もうとしている子供達をみていると

私自身もそうでありたいと思います。


人を責めることは、簡単なことだし嫌いになるのも簡単なこと。

どんな人でも一生懸命自分なりに生きているんだって認めあって尊重し合って生きていけたら嬉しい。


子供から大切にされているように

私自身も相手を大切に接していきたい。




-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←子供から学ぶことの多さに驚きます。
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-26 11:24 | Comments(2)

スゴたれってスゴッ!


クックパッドのスゴたれ美味しい!

もっと早くやってみたかったんだけど、私の性格がそれを許さず今頃になってしまいました。

興味のある方は、一度試してみてね。

応用すれば色んな物に使えそうですよ。




スゴたれ



-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←少しづついろんな簡単メニューも増やしてみたい私に応援クリックを。
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-25 19:36 | Comments(0)

今が成長期

今月の31日に母と子のセミナー1回目を宝塚で受講予定です。

もう、子育てもすんで今更かもしれません。

京都でお世話になっている宮崎先生がされているセミナーです。


人との関わりは、子供も大人もないんです。

それを今強く感じているのでどうしても行きたくなって御願いしました。

心理学であり人間学であり言葉で言うと難しそうですが

今からできる実践編なのでとても分かりやすいんです。


人に御願いをするとき相手の返事をいくつも考えてみる。も、この先生からの学びです。

相手を尊重すること、感謝、信頼することの大切さも改めて学びました。

それを、どのように言葉と行動で表していくかを気付かせていただいてます。


いくら心で思っていても相手に伝わらなければ意味がない。

伝えているつもりが実は伝わってなかったりする。

それは、子供に対しても同じこと。


私は、仕事をして家族の為に頑張って働いていること。

したくもない(ごめんなさい。)役を引き受けるのも全て子供の為でした。


でも、それは勝手な私の思いこみでした。


子供達は、そばにいて欲しかったんだ!って気がついたのは下の娘が中学生になってから位でした。

(おそっ!)

分かっていても、仕事を続けなければならないママ達も一杯いると思います。

ずっと一緒にいると、イライラして…自己嫌悪で苦しんで

だったら保育園に預けるママもいると思います。


私もそうでした。


全てが思うようにならない。

もがいても どの道も袋小路。

これが、一生続くように思われました。


そんなとき、大丈夫だよ!って言って貰えたら肩の力が抜けて少しでも楽になれるかもしれません。

目の前が明るくなるかもしれません。


確かにその道はあるんです!


主人にも子供にも八つ当たりせずにすむ道が。


幸せになる道が間違いなくあるんです。


全ての人間関係に当てはまります。


私は、今が学びのときです。


やっと今から成長していくことができるんです。


出会える全ての人に感謝です。




-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←勉強大嫌いの落ちこぼれが今学べることを喜びと感じてます応援ワンクリックを。
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-25 09:26 | Comments(0)

鏡の法則

躾の厳しい母に育てられました。

その一つが時間。

時間に遅れることは許されないこと。

日本では、当たり前かもしれませんが何事にも限度があると思ってます。

自分が時間に遅れること、相手が遅れることどこかで許せていない。


長女にもしっかり引き継がれていてかなり苦しかったと思います。

でも、専門学校の友達と出会うことで随分許せるようになり、今では自分も遅れることがあるとか。

あまりにも枠に、はまりすぎるとずっと引きずって楽しめないんです。


仕事なら時間厳守は、当たり前。

プライベートなら許し合えたら嬉しい。



主人は、いつも遅刻。

それが、嫌でいつも同じ目的地でも別々に出掛けていました。

そういえば、義理の父も同じ。

義理の兄夫婦、主人の両親、私達家族で食事に行くときいつも父の身支度待ち。

外にみんなが出て車の前で「まだぁ~?」子供達がしびれが切れるほど待つ。

実は、私が一番心の中でイライラムカムカしていた。

だって、親から人を待たせてはいけないと言われて育ってきたんだから。


父はニコニコしながら家からでてくる。

これからみんなで食事に行くことが楽しいんだろう。

私はいつもテンション下げ下げ。(心の中で)


よくよく考えてみると、家族みんなで父のことだけを考えて待っている。

(感情は別として)

そんな時間は、このときだけ。

きっと父は無意識の中で自分がこのとき主人公なんだと分かっているんだ。

注目されている。

父が玄関から出てくるとき、きっと一斉に父を見ているはずだから。

ステージに登場してくるスターのような気分かもしれない(言い過ぎかな)



主人の実家では、姉と私は母の話を主に聞き食事の用意後片付け

その間に時間があれば、二人のことを話す。

どちらかと言えば正直な所母の機嫌がいいように母の話に耳を傾ける。

母の話を聞いていると必ず父が別の話をしだす。

このことが分かってからは、子供にどちらかを担当して欲しいって頼んでます。


人は、自分に注目して欲しい。

若い頃は、自分を抑えて相手を尊重したりする。

歳を重ねるに従って本来の思いが出てくるような気がしている。

認めて欲しい、自分の存在を。


誰でもない自分の家族に褒めて欲しいのだ。



これが、自分の鏡なのだ。

否定すれば、するほど強くなる。


嫌でも受け入れるしかない。


かっこいい人間でありたいのに…。

隠している幼く自己中な私をみせつけられる。


だからこそ、面白い、全てが自分なんだから。


だから、この鏡の法則止められない。

-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←どんな自分を隠しているのかかくれんぼの鬼のように一つずつ見つけてはニヤニヤしてます。こんな私はM?。
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-24 16:49 | Comments(0)

大切な存在


人と喋っていて、自分のことを分かって欲しくてついつい声が大きくなって

相手の話の途中でも割り込んでしまう癖が今日も又でてしまいました。


私は、淡々と気持ちを込めて話しをしたいんですが

ついつい夢中になると声が大きくなってしまう。



ほんのちょっぴり反省しながら

ふと、

一番自分のことを分かって欲しいのは家族かもしれない。

だから、違う意見だと激しく衝突する。

(違う価値観を受け入れることが出来なかった)

分かって欲しい気持ちがいつの間にか怒りに変わっている。

こんなことを繰り返してきたなぁ。


気持ちを変換せず素直に伝えていきたい。

これからは…。


大切な存在だから…。

こんな間違いを犯しながらも、許してくれる家族に感謝。

穏やかな日々が過ごせるのも過去の私を責めることなく今を受け入れてくれる家族だからこそ。

もっともっと学びの時を得て成長していきたい母であり妻なのです。


-------------------------------------

人気ブログランキングへ ←出会った人全てに感謝なのです。ペコリ
[PR]

by siawase0604 | 2011-08-23 22:04 | Comments(2)