ミッションを達成するためのアイテムは持っている

娘が2人目を出産するので里帰りしていました。
1人目の孫は2才。
その子を見ているとこの人間界でミッションを達成していくために必要なアイテムは最初から持って生まれて来ているんだなぁと思うのです。

笑うこと、怒ること、泣くこと、喜ぶこと
ぐずって親の気をひくことも、ママが泣くとどうしたの?と声をかけること。
恥ずかしいという気持ちもある。
甘えることも知っている。
言い出したらキリがないくらい素敵な表現者。

私の子どもも含めると子どもと関わるのは4人目。
4人とも新生児の頃から違う。

ひとりひとりこの世に生まれて来たミッションは違う。
その人に必要なアイテムは既に持っている。
まだ心の深い部分に隠し持っているものもあるだろうし、まだまだこれから芽吹いていくものも沢山あるだろう。


大人になって過去を振り返ったとき環境や親・社会で「ああなったこうなった」ということもある。
自分の行動を責め罪悪感で溢れることもある。
許せないこともある。
それも自分のミッションを体験していく為に、全て必要なことだった。
孫を見ていると全ては必要なことなんだなぁと改めて思う。
どの部分を強化して生きていくのかそれも無意識ではあるけれどその視点で見ているんだなぁ。

人間っておもしろい。
深みがある。
愛に満ち溢れている。





[PR]

# by siawase0604 | 2017-07-12 09:55 | Comments(0)

自然の流れ

テレビ番組 里山を見ていた。
牡蠣の養殖をしている人が、山の手入れもしていると話していた。
山からの栄養が川を通り海に流れ牡蠣がよく育つ。
川の漁師も山の手入れをしているのだとか。

海で働く人が海を綺麗にしようとするのは分かる。
川で働く人が川を綺麗にしようとするのは分かる。

知識として山から雪解け水と栄養も一緒に川から海へ流れだすことを知ってるけど、山の手入れまでするって大変だろうなぁって思う。

これって、
目の前に起きている出来事を何とかしようとすることも大切だけど、自分の心の中を整えていくと目の前の現実が動き出すことと似ているなぁと思った。
関係ないことのように思ったり遠回りに思ってしまうことも確実に変わりだして、自分に反映(繁栄)していく。




[PR]

# by siawase0604 | 2017-05-17 09:30 | Comments(0)

やり続けた小さな行動が大きな安らぎと言うギフトになって

孫と遊んでいる時のこと。
私が「怖い~」って面白がって言った。
それを聞いて
孫がギュッとハグして「大丈夫だよ。」と背中をトントン。

面白がってやった行動が安らぎと感動に変わった。
小さな子からも安らぎって得られる。
私自身、母にもこの体験をして貰った記憶はなく、子どもにもした記憶はない。
(娘が孫に大丈夫と言ってハグしているシーンはよく見てた)
色んな所に学びに行き出して心の中でギュッとして「大丈夫!大丈夫!」とは言っている私。

その体験を内側だけじゃなく外側の世界からも体験。
それは、自分ひとりでするものとは、桁違いだった。

不安な出来事が起こったときギュッとハグしてくれて、「大丈夫。」と言ってくれる誰かがいたら幸せだね。
嬉しいね。

そんな人は誰もいないよと思っても自分でやり続けているうちに、思いもしない所からギフトがやってくるかもしれない。

「大丈夫、大丈夫」って…そんな体験でした。

[PR]

# by siawase0604 | 2017-05-09 08:18 | Comments(0)

私のいちぶぶん

ポジティブな言動でポジティブを引き寄せる、確かにそれはある。
ポジティブだけでいようとすると、心の中にネガティブが現れる。

私の場合
自然に生きているとネガティブ思考なのだ。
ネガティブな私を否定して生きていくことは、私を否定して生きていくこと。
やっと最近このことが心に落ちていく。
どこかで分かっていたけど、どうしても受け入れられていなかった。
このままじゃダメだ!って。
自然体でありのままの私を受け入れたいと思いながらネガティブな私を排除しようとしていた。

排除しようとしたり否定していると、排除されたり否定されたりするような出来事が起こる。

愚痴る
誰かをコントロールしようとする
怒りやイライラ
どうせ…という思い
失敗…などなど

この全てが私なのだ。

このネガティブがあるってことは、その逆も在る。
ネガティブが一杯あるってことはポジティブも一杯ある。
私が気が付いているかいないかだけ。
幸せを感じながらも腹の立つこともあるし心配なことも起きている。
それでいい。
これが私だから。
これは私の一部にすぎない。

[PR]

# by siawase0604 | 2017-04-07 09:33 | Comments(0)

邪魔されてイラつくパターン

長女がお風呂やトイレに行きたいとき、主人と重なることが多い。
長女が先の時もあるし後の時もある。
どちらかが入っている時に、示し合わせたかのように重なる。
他の家族には、この現象は殆どない。

傍から見ていても不思議だった。

半年ぐらい前だっただろうか、娘がバイトして家に居る時間が減っているはずなのに、主人とお風呂やトイレの時間が益々重なった。
ブツブツ言っていただけだった娘が、もう嫌だ!我慢できない!なんでこんなにかさなるん?と私に怒り爆発。
私は「なんだろうねぇ?何をうけとればいいんだろうね。」
普段から娘は重ならないように細心の注意を払っていたらしい。
なのに、主人と重なるのは娘だけ。
娘は「バイトする前から、ずっと気を使って重ならんように細心の注意をはらってきた。こんなにかぶるなんて見張られてるとしか思えない。(主人も不思議だっただろうね。またかって)
バイトで疲れて帰ってきたら、またかさなる。」こんな内容の会話が続いた。

「そっか、バイトする前から頑張って気を配ってたんだ!ずっと頑張ってたんだ。」という私の言葉に「そうだよ。凄く気を使ってた。」
娘が娘自身のことを認められたように感じたこと、気持ちを吐き出せたことも感じ会話は終了。
これからの様子を見てみよう。

(半年後の現在)
それから1~2度重なったことはあったけど今は殆ど重ならない。

どんな些細なことでも大きな出来事でも邪魔されるように感じたり、同じパターンでイラついたりしたときは、自分から自分へのメッセージと視点を変えてみるのも面白いかもしれない。

[PR]

# by siawase0604 | 2017-04-01 12:15 | Comments(0)