恨みを手放したその先にあるもの

今日は、かっこちゃんのメルマガを紹介します。

ここに登場してくるお母さんの体験。誰かを恨むという行為から幸せな日常へ。

~~~~~~ここからメルマガ~~~

トトロハウスの木が伸びてきたので、アマゾンで高枝切り鋏を注文して、枝を切りま
した。ところどころカイガラムシがついていて、それが広がっているのが気がかりで
す。
手で取れるほどではないので、もっと早く気がついてあげられたらよかったなあと思
います。

バッタもカマキリも、それから、赤い大きなカメムシ・きんかめむしもいました。珍
しいです。カエルもいて、毎日窓に夜にくるヤモリは、小夏ちゃんという名前で呼ば
れています。小夏ちゃんはお友達とおんなじ名前だけどなあと思いながらでも、まだ
夏の初めに出会った小夏ちゃんは呼ぶうちにぴったりくるのでした
虫がいっぱいいて、カエルもヤモリもいるから、いっそうカイガラムシの薬品なんて
まきたくない。ゆっくり手でとっていこうかと思います。

昨日うれしいことがあったのです。前に、メルマガに紹介したお母さんからワンピー
スの本のご注文をいただきました。
その方のお話は「ありがとうの花」(三五館)にも書かせていただいています。下は
メルマガの文章です
<引用ここから>・・・・・・・
毎日メールをくださる方に、どうしても、私の思いをお話ししたいと思っていたので
す。これまでも、何度もそう思いながら言いだすことができなかったけれど、旅が終
わったらお話ししてみよう。自分の思いを伝えてみようと思っていました。

その方には、お嬢さんがいらっしゃって、過失による事故で、今はベッドに寝たきり
になっておられるのだそうです。どうしても、事故を起こされた方を許すことができ
なくて、もし、事故に遭っていなかったら、今、お嬢さんは、就職もし、結婚もして
いただろうと思うと、相手が幸せになるのが我慢できないとメールに書いておられま
した。そして、保険金以外に、毎月必ず同じ日に、同じ時間に、病院に来て、謝るこ
とというのを、条件の一つにされたのだそうです。旅から帰ってパソコンをあけると、
その中に、その方からのメールがありました。

「・・・どんなことがあっても、必ずその日のその時間に病院に来るというのが条件
だったのに、今月はどうしても来れないので日を変えて欲しいと加害者から電話があ
りました。そのようなことは許されることじゃないということが、加害者にはわから
ないのです。どんなに大切な予定であろうと、将来に関わることであろうと、加害者
にはそのような未来があって、被害者はただベッドの上で寝ているだけ。せめて月に
一回のその日くらい、どんなことがあっても、償うということができないのかと腹立
たしく、申し出は断りました。私たちには一生幸せなんて来ないのに・・・幸せにな
る方法があったら、教えてほしい。私はいつもそう思っています。・・・」いただい
たのは、旅の間に決めたことを、お話ししたらいいよと誰かがそう言っているような
そんなメールでした。

「私は幸せになる方法、わかります。知っています。相手の方に“もうあなたは充分
つぐなってくださったから、もう私たちのことは忘れて幸せになってくださいね。あ
なたの幸せを祈っていますね”とお話しされること、そのことのように思えてならな
いんです。私はそのことで、きっときっとお二人が幸せになられると信じます。お嬢
さんとお二人、どんなにおつらい日々を送っておられるだろうということ、私、充分
わかっているつもりです。けれど、私は恨んでいる間は、つらくて、幸せには決して
なれないんだって、知っています。知っているつもりなんです。メールをいただいて
いるうちに、どんどん大切になったから、私、旅の間中、帰ったらそのことをお話し
しよう。勇気を出してそうしようと思っていました」書いてからもまだ、迷って、で
も、エイっと送信ボタンを押しました。今日一日、「どんなふうに思われただろうか?
怒っておられるだろうか?」と何度も考えました。けれど、すごくうれしいメールを
いただいたのです。私うれしくてうれしくて泣きました。

・・・・・・・かっこちゃんからのメール。いったいかっこちゃんは何のつもりなん
だろう。何を言ってるのだろう。話にならないと正直思いました。それなのに、私自
身、メールを閉じて、娘とテレビを見て、テレビを消して、ふと、相手に電話をかけ
てみようとそんな気持ちになりました。そして、電話をかけたあと、私自身もわけが
わからなくなって、口走っていたのです。「もういらっしゃらなくてもいいですよ。
充分償ってくださったのですから、幸せになってくださいね。私もあなたの幸せを
祈っています」と言いました。おまけに私は“あなたのご両親も本当に良い方ですか
ら、あなたの幸せを祈っているでしょう。長い間ご両親にもあなたにもつらい思いを
させてしまってごめんなさいね」と言いました。いったい私のどこにそんな優しい言
葉があったのか、自分でも驚いています。電話の向こうから嗚咽が聞こえました。私
も言葉が続かなくなって、受話器を置きました。置いたとたんでした。不思議なこと
に、かっこちゃん、受話器を置いたとたん何が起きたと思いますか?

今まで感じたことのないような幸せな気持ちにつつまれて、胸がいっぱになって、娘
を抱きしめて泣きました。「よかったんだね、これでよかったよね」と言うと、娘が
「ママ、よかったね。ママ、よかったんだよ」と言いました。娘は「もういいよ」と
これまでも何度も言っていました。でも、私は許せなかった。娘は、また「ママ、よ
かった、本当に」と言いました。かっこちゃんは、こうなることがわかっていたので
すか?見えていたのですか?テレビを見終わったあの一瞬に何が起きたのか、何か導
かれるようにかけてしまった電話ですが、もし、体の不自由な宮ぷーのところに毎日
欠かさずに出かけているかっこちゃんでなかったら、私はこんなこと絶対にしなかっ
たはずです。これから、今日のことを後悔することがあるでしょうか?まだ実はわか
りませんが、私が口から出た「今までごめんなさいね」の言葉はかっこちゃんの言葉
でなくて、私の心から出た言葉であるならば、私の中にも実はそんな心が残っていた
のでしょうね。・・・・・・・・

私も一緒に泣きました。そうですよね。恨んでいては決して幸せになれない。自分が
つらいときに、相手も辛ければいいなんてことあるはずがないですもの。私はお二人
が本当にすごいなあと思います。「ごめんなさいね」とおっしゃられたこと、私、本
当に尊敬します。今日はそんなうれしいことがありました。
<引用ここまで>・・・・・・
そのお母さんがワンピースの本のご注文をくださいました。今はお嬢さんの語る絵本
の文章をパソコンに起こしたりして、楽しく暮らしているのよと電話でおっしゃって
いました。そして、ワンピースをわたしはお友達と作ろうと思って。あの頃は恨む気
持ちばかりで、他に気持ちをもっていけなかったのに、不思議なかっこちゃんのいう
通り、あれから、幸せになっちゃったのよ。私たち。
そんなふうにおっしゃって、わたしはすごいなあとお母さんとお嬢さんのことを思っ
たりうれしくてまた泣けたりしました。わたしも起きたことよりこれから進むことを
考えて、元気に歩いていきたいです。

山元加津子ホームページ
https://kakkochannopage.wixsite.com/mysite

かつこ

[PR]

# by siawase0604 | 2017-07-26 12:01 | Comments(0)

ミッションを達成するためのアイテムは持っている

娘が2人目を出産するので里帰りしていました。
1人目の孫は2才。
その子を見ているとこの人間界でミッションを達成していくために必要なアイテムは最初から持って生まれて来ているんだなぁと思うのです。

笑うこと、怒ること、泣くこと、喜ぶこと
ぐずって親の気をひくことも、ママが泣くとどうしたの?と声をかけること。
恥ずかしいという気持ちもある。
甘えることも知っている。
言い出したらキリがないくらい素敵な表現者。

私の子どもも含めると子どもと関わるのは4人目。
4人とも新生児の頃から違う。

ひとりひとりこの世に生まれて来たミッションは違う。
その人に必要なアイテムは既に持っている。
まだ心の深い部分に隠し持っているものもあるだろうし、まだまだこれから芽吹いていくものも沢山あるだろう。


大人になって過去を振り返ったとき環境や親・社会で「ああなったこうなった」ということもある。
自分の行動を責め罪悪感で溢れることもある。
許せないこともある。
それも自分のミッションを体験していく為に、全て必要なことだった。
孫を見ていると全ては必要なことなんだなぁと改めて思う。
どの部分を強化して生きていくのかそれも無意識ではあるけれどその視点で見ているんだなぁ。

人間っておもしろい。
深みがある。
愛に満ち溢れている。





[PR]

# by siawase0604 | 2017-07-12 09:55 | Comments(0)

自然の流れ

テレビ番組 里山を見ていた。
牡蠣の養殖をしている人が、山の手入れもしていると話していた。
山からの栄養が川を通り海に流れ牡蠣がよく育つ。
川の漁師も山の手入れをしているのだとか。

海で働く人が海を綺麗にしようとするのは分かる。
川で働く人が川を綺麗にしようとするのは分かる。

知識として山から雪解け水と栄養も一緒に川から海へ流れだすことを知ってるけど、山の手入れまでするって大変だろうなぁって思う。

これって、
目の前に起きている出来事を何とかしようとすることも大切だけど、自分の心の中を整えていくと目の前の現実が動き出すことと似ているなぁと思った。
関係ないことのように思ったり遠回りに思ってしまうことも確実に変わりだして、自分に反映(繁栄)していく。




[PR]

# by siawase0604 | 2017-05-17 09:30 | Comments(0)

やり続けた小さな行動が大きな安らぎと言うギフトになって

孫と遊んでいる時のこと。
私が「怖い~」って面白がって言った。
それを聞いて
孫がギュッとハグして「大丈夫だよ。」と背中をトントン。

面白がってやった行動が安らぎと感動に変わった。
小さな子からも安らぎって得られる。
私自身、母にもこの体験をして貰った記憶はなく、子どもにもした記憶はない。
(娘が孫に大丈夫と言ってハグしているシーンはよく見てた)
色んな所に学びに行き出して心の中でギュッとして「大丈夫!大丈夫!」とは言っている私。

その体験を内側だけじゃなく外側の世界からも体験。
それは、自分ひとりでするものとは、桁違いだった。

不安な出来事が起こったときギュッとハグしてくれて、「大丈夫。」と言ってくれる誰かがいたら幸せだね。
嬉しいね。

そんな人は誰もいないよと思っても自分でやり続けているうちに、思いもしない所からギフトがやってくるかもしれない。

「大丈夫、大丈夫」って…そんな体験でした。

[PR]

# by siawase0604 | 2017-05-09 08:18 | Comments(0)

私のいちぶぶん

ポジティブな言動でポジティブを引き寄せる、確かにそれはある。
ポジティブだけでいようとすると、心の中にネガティブが現れる。

私の場合
自然に生きているとネガティブ思考なのだ。
ネガティブな私を否定して生きていくことは、私を否定して生きていくこと。
やっと最近このことが心に落ちていく。
どこかで分かっていたけど、どうしても受け入れられていなかった。
このままじゃダメだ!って。
自然体でありのままの私を受け入れたいと思いながらネガティブな私を排除しようとしていた。

排除しようとしたり否定していると、排除されたり否定されたりするような出来事が起こる。

愚痴る
誰かをコントロールしようとする
怒りやイライラ
どうせ…という思い
失敗…などなど

この全てが私なのだ。

このネガティブがあるってことは、その逆も在る。
ネガティブが一杯あるってことはポジティブも一杯ある。
私が気が付いているかいないかだけ。
幸せを感じながらも腹の立つこともあるし心配なことも起きている。
それでいい。
これが私だから。
これは私の一部にすぎない。

[PR]

# by siawase0604 | 2017-04-07 09:33 | Comments(0)